助産師

新しい生命の誕生という喜ばしい現場に立ち会える仕事

医療関連の仕事というのは、人のために役立てるという素晴らしい仕事でやりがいのあるものですが、患者さんの病気や死などの苦しい局面に立ち会わなくてはならないという面もあります。
しかし、この助産師の仕事は、主に産褥期を迎える妊婦さんを指導したりサポートしたり、出産の際の介助を行うという仕事で、新しい生命の誕生をサポートするという喜ばしい出来事に対応するというものです。
もちろん、様々な問題を抱える妊婦さんや新生児の助けにならなくてはならないこともありますが、常に前向きな気持ちで仕事を楽しむことができるというのが大きな魅力です。

資格がないと働けないという独占業務でもありますので、雇用が比較的安定していて給料水準も高めに推移しているというのも助産師の利点です。
全国でその需要がありますので、資格と経験があれば、仕事を見つけやすいというのも実際的な面でのメリットです。

看護師の資格プラス国家資格が必要となる

助産師になるには、国家試験を受けてそれに合格する必要があります。
前提条件として、まず看護師の資格を持っていることが必要となり、その後養成機関で指定の講座を受け、国家試験に合格して初めて助産師として活動できるようになります。
現在のところ、職業上の現実的な状況から、女性のみが助産師となることができるという規制があります。

助産師が働く先としては、助産院や一般の病院の産科、マタニティクリニックなどがあります。
また、妊婦への指導、子育てについての指導をするというのも助産師の大事な役割の一つですので、医療機関のみならず、保健センターや役所などの公的機関で公務員として働くケースもあります。
さらに、出産と育児に関する専門的な知識と経験を活かして、民間の教室で講師を務めたり、自らこうした教室を開業するという場合もあります。

看護師からステップアップしたいという人におすすめな資格

看護師の資格を持っていて、これからスキルを伸ばしてキャリアアップしたいと考えているのであれば、助産の面でのスペシャリストと言える助産師の資格取得を目指して頑張ってみるのも良いでしょう。
助産技術や管理、基礎助産学を始めとして、より深い専門知識と技術を身に着けるチャンスとなりますし、たくさんの現場で貴重な経験を積めるようになります。

生命の誕生をサポートするというとてもやりがいのある仕事を楽しめますし、少子化が進んでいる日本においては、安全かつ質の高い出産の機会を作るという仕事に携われることは、社会的にも大きな意義を持つものとなることでしょう。
この分野でのスキルはとても重要なものですので、看護師の資格を持っているのであればステップアップの一つの道として選ぶことができます。