終末期医療とエンド・オブ・ライフケアについて

終末期医療の考え方が変わってきている

医療の仕事に携わる人にとって、悲しくも避けて通れないのが患者さんの死という現実です。
どんなに医療が進歩しようとも、患者さんの寿命をある程度伸ばすことができるとしても死を避けることはできません。
特に日本では、高齢者の数が急速に増えていますので、看護師としても死に面することが増えてくることになります。

終末期医療については様々な考えがありますが、最近ではエンド・オブ・ライフケアという考えが次第に浸透してきています。
これは、死に向かう患者さんの心の整理をして、最後の期間の生活の質を高めるということに重点が置かれています。
従来のターミナルケアとは多少異なる概念も含まれていますので、看護師としてもこのエンド・オブ・ライフケアという考えをしっかりと意識する必要があります。

最後の時間を幸せに過ごせるようにサポートする

医療スタッフの一員であれば、どうしても終末期医療に注目せざるを得ません。
今までのターミナルケアでも、患者さんの痛みを取り除き最後の時間を有意義に過ごせるという考えが主軸となっていますが、それよりさらに患者さんの生活の質の向上という面に注目して、様々な観点から幸福な時間を過ごせるようにサポートするという姿勢を取ります。

医学的な技術を駆使して、できるだけ痛みを減らして病気による苦しみを取り除くことと共に、通常の生活を楽しんで過ごせるようにすることや、友人や家族との時間を大事に過ごせるように助けることがエンド・オブ・ライフケアでは重要な要素となってきます。
また、医療的ケアの手法について患者さん本人が選択できるようにして、本人の意思を尊重するというのも大事な考えとなっています。

本人の自己決定権を尊重することが重要

エンド・オブ・ライフケアでは、本人の自己決定権というのがとても重要になってきます。
そうすることで、最後の時間を自分の納得できるような仕方で過ごすことができるようになってきますし、死にしっかりと向き合うという姿勢を持つことができるからです。
特に、意識がなくなり本人が判断能力を失ってしまった時に、心肺蘇生を続けるかどうかなどの微妙な問題においても、しっかりと本人の意思を聞き取り、それを活かせるようにすることも大事なポイントです。

看護師にとっては考えさせられることも多い分野ですが、患者さんとそのご家族の幸せに貢献する大事なことですので、この分野に関する知識と判断力を培っておくのは大事なことです。
高齢化が進むにつれて、病院だけでなく、自宅で在宅医療を受けながら終末期医療をするというケースも増えてきていますので、訪問看護に携わる看護師は特にこの点に精通している必要があります。

潜在看護師って?看護業界への再就職事情

看護師の資格を持っている人はかなりの数に上る

日本国内では介護スタッフと共に看護師の人材不足が深刻な課題となりつつあります。
現在でも厳しい状況にありますが、これから団塊の世代が高齢者、後期高齢者となっていくにつれて、看護ができる人材はますます必要になっていきますので、看護師のニーズは非常に高いと言えるでしょう。
しかし、実際には看護師の資格を持っている人は少なからずいますし、以前看護師として働いていたキャリアを持つという人も多いのです。

ところが、看護師の資格を持って業務を行っていたとしても、様々な事情で職を離れてしまって、現在では看護師として働いていないという人が多く、それを潜在看護師と呼んでいます。
看護師不足が深刻化しているため、こうした潜在看護師が再び看護業界に戻ってきて、その資格とキャリアを生かしてくれるようにするというのが、日本の看護業界にはとても重要な課題となっているのです。

看護師をやめる理由とカムバックを阻む理由

どうして資格もキャリアも持っているのに潜在看護師となってしまう人が多いのかというのには理由があります。
まず、看護師は男女比で見ると女性の方が圧倒的に多いため、出産や育児のために看護師として働いていたとしても、職を離れてしまうことが多いのです。
特に、中堅どころとして経験を積み、高度な知識を学んできた年代でこのような状況になって看護師の仕事を離れるケースが多いので、現場にとっては大きな痛手となります。

そして、一度職を離れてしまうと、看護師としてカムバックするのが難しいと思わせるような状況もあります。
家庭を持ちながら、肉体的も精神的にもハードで、時間拘束が長い看護師の仕事をするのは実際問題とても大変で、仕事と家庭の両立が務まらないのではないかと心配する人が多いのです。
また、医療の現場は日に日に新しい技術や知識が出ているところですので、一度数年だけでも最前線から離れてしまうと、人の命に関わる責任の重い仕事をやり遂げられるかどうか不安に思うという事情もあります。

カムバックを支援する様々な取り組みをしている

こうした状況を見て、自治体や医療機関では、潜在看護師がカムバックしやすいような環境作りを推進しています。
たとえば、自治体によっては復職する人に助成金を出したり、医療機関に隣接した託児所や保育園などに子供を預けやすいようにしています。

さらに、家庭を持っていても働きやすいように、日勤だけの勤務体制にしたり、時短勤務、パートタイム雇用など、それぞれの事情に応じて働きやすいワークスタイルを選択できるようにもしています。
復帰してすぐに現場に就けるように、潜在看護師のための研修制度を設けているところもあります。

急性期医療とワークライフバランスについて

新人の看護師は急性期医療の現場に置かれることが多いのが現状

新人の看護師の割り当てられる現場は多くの場合、急性期医療の現場となっています。
この現場は様々な経験が積める場所ですし、業務内容もハードなことが多く体力が求められるため、若い新しい看護師が必要とされるというケースが多いからです。

急性期医療の現場は、入院して間もない患者さんで占められていますので、状態が不安定で急変などが起こりやすいところです。
また、症状が重い患者さんも多く集まっていますので、突発的な対応が必要になるケースも他の現場よりも格段に多い環境となっています。
そのため、残業や夜勤の必要性が非常に高く、看護師の身体的な負担が大きな職場となっています。

また、患者さんの死や難しい状況に直面することも多いので、看護師には精神的な負担も大きいところと言えるでしょう。
そのため、経験の浅い看護師にとっては様々な面でプレッシャーが大きい現場となっていて、看護師を離職してしまう原因となっているのも事実です。

ワークバランスを考えて働きやすい職場を作ることが課題になっている

このように、経験の浅い看護師が急性期医療の現場で頑張っていくのは楽ではありません。
しかし、病院全体の効率を考えれば重要なことですし、短期間でたくさんの患者さんと症例に立ち会える現場は、新しい看護師の経験を積み上げる機会ともなります。
そのため、単につらいというイメージが先行する現場ではなく、ワークバランスを考えて快適に働き続けられる環境とすることが重要なポイントです。

そこで多くの病院では、個々の負担を減らすために、いろいろな勤務形態の看護師をミックスさせて雇用しています。
夜勤専従の看護師チームを作ったり、派遣やパートタイムの看護師を用いて、一人一人が決まった時間で無理なく働けるようにしています。
自分の持ち場をはっきりとさせることで、精神的な負担を減らすこともできています。

プラス面を評価して働きやすい職場を作る

確かに急性期医療の現場は楽な職場とは言えませんが、経験の浅い看護師に実践を積ませるのにとても良い機会ですし、多くの患者さんに接して治っていく様子を近くで見られることで、看護師としてのやりがいとモチベーションを持てるというプラスの面もあります。
そのため、より働きやすい職場環境を作り、スキルの高い看護師を育成していくことが、医療機関にとって重要な課題となっています。

肉体的にも精神的にも大きな負担を抱え込まずに済むように、長期リフレッシュ休暇の制度を設けたり、病院内にカウンセラーを置いたりして、看護師みんながさわやかな気持ちで働き続けられるようにしています。

看護師の特定行為について

看護師が自分の判断で行える行為が指定されている

医療行為については、医師の免許を持っている人と看護師の資格を持っている人との間に明確な線引きがあり、どこまでが看護師のできる行為かということが法律で定められています。
中でも、診療の補助とされる行為の中には、看護師ができるものの、医師の指導の下で行わなければならないとされている行為がたくさんあります。
しかし、実際の医療現場では、緊急の場合やたくさんの患者さんに対応しなければならないシーンというのがよく見られますので、いちいち医師の指導を求めていたのでは、現状に対応できないという状況が生じています。

そこで、38の行為を特定行為と定めて、看護師であっても医師の指導なしで行うことができるように法律の改正がなされています。
とはいえ、誰でも看護師であればそうした特定行為ができるというわけではなく、しっかりと特定行為を問題なく行えるようにするための研修を受けることが条件となっています。

指定研修期間で定められた研修を受ける必要がある

看護師の特定行為を行えるようになるためには、厚生労働省が定めた養成機関で指定の講座を受ける必要があります。
それぞれの自治体に養成機関が置かれていますので、それほど大きな負担を覚えることなく研修を受けられるでしょう。

どの行為に関する研修を受けるかに関わりなく、共通講座を315時間受ける必要があり、これがベースとなります。
そして、そこからそれぞれの行為に関する特定の講習を受けていって、行える特定行為を増やしていくという形になります。
実践的な研修で、実際の現場でどのように措置をするかなどを学べますので、単に特定行為をするための資格を取るというよりは、確かなスキルを持った看護師となることができるのがメリットです。

こうした養成を受けるには、ある程度長い時間がかかりますので、病院側の支援が必要になるケースがほとんどです。
多くの大きな総合病院では、看護師のレベルを押し上げるために、病院側が費用などの負担をして研修を受けられるようにしていますので、もしスキルアップを望むのであれば、こうした制度を持っている病院を勤務先として探すのがベストです。

看護師の責任が大きくなる

こうした38の特定行為は、以前医師がいないとできないものでしたが、研修を受けた看護師であれば一人でもできるようになっていますので、それだけ看護師が担う責任が重くなっていることを意味しています。
医師と看護師の境があいまいだった医療行為が多かったという状況から、はっきりと医師と看護師の役割分担が定まってきていて、より看護師の存在感が増しています。
スキルの高い看護師のニーズがより増すことになりますので、自分磨きを怠ることがないようにしましょう。

在宅医療と訪問看護について

在宅看護のニーズが急速に高まっている

看護師の業界は、社会を構成する人たちの年齢層によっても大きく変動があります。
特に今は超高齢化社会に入っている時代ですので、より高齢者に対応した看護ケアをする必要があります。
高齢者が多くなることは、すなわち在宅での看護のニーズが高まることを意味します。

というのも、高齢者の看護においては急性期医療よりも慢性期医療の方が必要性が高くなるからです。
また、若い世代に比べると医療機関によるケアが必要になる頻度も高くなりますので、高齢者が増えるとどうしても既存の医療施設だけでは対応できなくなります。
そのため、病院施設における看護よりも、在宅医療で対応する割合が高くなるのです。

新人看護師でも訪問看護に携わるケースが増えてきている

訪問看護は、看護師一人一人の責任と担う役割が多いため、以前は病院での経験を積んだある程度キャリアのある人がなるという構図が見られました。
しかし、現在では、訪問看護の現場でかなりの人手不足が見られるため、そうした方法にとらわれない求人がなされるようになっています。
新人の看護師であっても在宅医療に最初から携わり、徹底した教育によって訪問看護を任せらえるようにするという取り組みです。

もちろん、最初から一人で訪問看護に携われるわけではないので、ベテラン看護師に付き添って徐々に経験を積んでいって、同じ事業所内でスキルを高めていくという方法が採られています。
そうすることによって、実際的な訪問看護の手法を体で覚えることができますし、学んだ技術と知識をすぐに生かせるというメリットがあります。
訪問看護では、患者さんの体調管理や服薬管理など、通常の看護だけでなく、リハビリや生活介助、栄養や健康に関する指導、緊急時の対応など、かなり幅広い範囲での業務が求められますので、効率の良い教育をするというのは、これからの看護業界においてとても重要な課題となっています。

自分が中心的な存在となるという自覚を持つ

病院勤務の看護師の場合は、上司や同僚となる看護師が常に周りにいますし、実際の医療行為についてはすぐそばに医師がいるために、助言を求めやすいという状況にあります。
しかし、在宅医療においては、看護師が一人で患者さんのケアをすることが圧倒的に多いので、看護師にかかってくる責任は大きくなります。

すぐそばに助言を求められる人がいませんので、早急に判断を下すべき時には、自分ひとりで適切な処置を施さなければならないこともありますし、病院のように様々な設備や器具があるわけではないので、マンパワーが物を言うようになります。
さらに、在宅看護では、医師やソーシャルワーカー、介護士など様々なスタッフを調整するまとめ役として働くことも多いので、自分が中心的な存在となるということを意識することが肝心です。

2025年問題と看護業界への影響

日本は2025年に大きな社会問題を抱えることになる

日本は現在、超高齢化社会を経験する時代に入ってきており、医療、看護師の業界では、その影響をダイレクトに受けています。
介護や高齢者に対応した認知症などの病気へのケアのニーズが高くなっていますので、医療機関としてもそのための変化を遂げる必要があります。
しかし、その超高齢化社会も初期段階にあり、団塊の世代の多くがいまだ元気な状態にいます。

2025年になると、この団塊の世代が後期高齢者と呼ばれる75歳以上を迎えることになります。
当然、今元気な人が多い団塊の世代も難しい健康上の問題を抱えるようになりますので、医療業界もより高度な高齢者対応をすることが求められてきます。
また、高齢者が多くなると医療や介護の絶対的なニーズが増えてきますので、医療や介護サービスを提供する施設、人材が不足することが考えられますので、医療レベルを下げることがないように、国としても早急な対策をする必要があります。

看護師の働き方も変わってくる可能性が高い

2025年問題では、高齢者層の医療ニーズが変化することが大きな課題となっています。
急性期医療の割合が下がり、今度は慢性期医療のニーズが高まってくることが考えられますので、医療機関の受け入れ態勢もそれに合わせて変化を遂げなければなりません。
そうなると、急性期医療で働いていた看護師の数は減らされることになり、慢性期医療に携わるスタッフを増やしていくことが求められてきます。

さらに、爆発的に増えるであろう医療や介護の必要性を持つ高齢者をまんべんなくケアするためには、医療機関での対応ではなく、自宅介護や自宅看護といった形でケアすることが必要になってきます。
そのため、病院勤務の看護師の割合が減り、在宅看護に従事する看護師の割合が高くなることが予想されます。

働く場所の変化も看護師業界では見られる

2025年問題では、高齢者がより介護の必要性を持つようになるため、医療業界だけでなく介護業界でも深刻な人手不足が生じることが予想されています。
そのため、介護施設でも看護師のニーズがより高まるようになり、国内どこにおいても介護施設で働く看護師が求められるようになるでしょう。
医療機関で働いていた看護師も、介護施設への移動を行うようになり、働く場所の変化が大きく見られます。

不足する看護師や介護スタッフの充足のために、一定以上の能力を持つ外国人を国内でも雇用しようとする動きも見られますので、看護業界は2025年問題によって大きな変化を迎えることになるでしょう。
将来のことを事前に考えて、どのようなスキルがより求められるようになるのかを推察して、自分のスキルを磨いていくようにしましょう。

転職で失敗しないために!転職体験者から学ぶ、気を付けるべきこと

しっかりと情報を集めないと失敗することも多い

看護師が転職する理由は様々ですが、どのようなケースにしろ、以前の職場よりも環境や待遇の良い職場を求めて転職するものです。
しかし、事前に転職先の情報をしっかりと集めていないと失敗することがありますので、情報収集をきちんと進めるようにしましょう。
特に、雇用条件や勤務の時間や休日、業務内容などは仕事の快適さを決めるのにとても重要な要素となりますので、完全に納得した上で転職を決める必要があります。

たとえば、求人の中には、「○○万円可能」という表記がされていて、モデルケースが示されている場合があります。
しかし、これは最低給料を保証するものではありませんし、多くの場合ある程度の残業や夜勤などによる特別手当が含まれているものです。
実際に勤務して給与をもらう段になってみると、思っていた給料よりも少ないというケースも見られますので、しっかりとどのくらいの給料となるのかを確認する必要があります。

人間関係が問題となることも

雇用条件だけでなく、職場の雰囲気やそこに勤める人たちの関係というのは、場所によってかなり変わるものです。
そのため、待遇がとても良いということで転職を決めて働き始めたものの、職場の雰囲気があまり良くなく、人間関係がかなり厳しく苦労するという失敗をしてしまった人もいます。
求人情報や面接の際の感じでは、人間関係までは知ることができませんので、なかなか人間関係の状況について確認するのは難しいように思えます。

しかし、意外と看護師の世界は狭いので、仲間同士でいろいろな病院の情報というのは細かいところまで入ってきます。
そこで、待遇や仕事環境をチェックすると同時に、他の病院についての情報を持っている看護師や医療スタッフの仲間に、候補となっている病院の内部事情を聞いてみると良いでしょう。

業務内容やレベルが違うために苦労することも

同じ診療科や部署であっても、病院によって微妙に業務内容や仕事の段取りが違うことはよくあります。
また、医療機関ごとに医療のレベルは異なりますし、担当の医師によっても質がだいぶ変わってくることがあります。
そのため、転職したはいいものの、自分が思い描いていた業務とは内容やレベルの面で差があるということに気づいて苦労することもあります。

多少レベルが高いというのであれば、自分磨きのために役立つ職場となりますが、あまりにも今までとレベルが違うということになると、不満がたまってしまうことになります。
また、仕事の仕方がかなり違うと、思うように自分の働き方がしっくりとこなくなってしまいますので、やはり不満を抱えることにつながります。
このように、看護師の転職にはいろいろな失敗の事例がありますが、どれも事前にしっかりと情報を収集していれば防げることが多いので、いかに転職先の情報を十分に集めるかということが重要なのかが分かります。

保健師

地域の健康を守るために働く保健師

保健師とは、地域の人々の健康を守るために、様々な伝染病に関する調査や情報通知、健康に関する情報発信や教育活動、検診プログラムの作成などを行う仕事です。
病気や傷害を持つ人をケアするというケースもありますが、たいがいの場合は、そうした事態にならないための予防策を講じて、それを実践するというのが主な業務となります。
幅広い病気や傷害に関する知識が必要となりますので、とても高度な業務内容となり、国家資格がないと働けない仕事となります。

保健師の主な仕事先としては、自治体の健康福祉に関する部署や保健センターなどの公的機関がメインで、他にも民間企業の中で社員の健康をケアする仕事をしたり、病院で様々な健康に関するプログラムを策定する仕事、学校で生徒たちの健康を預かる仕事などをします。
それぞれの勤務先で若干業務内容が異なりますし、待遇にも差がありますが、全体的に見て看護師よりも待遇は良く、雇用も安定しているという状況が見られます。

看護師の資格を取ってから保健師にチャレンジする

保健師になるためには国家資格を取る必要があります。
保健師の資格取得には前提条件があって、看護師の国家資格を持っていることが必要となります。
その上で、定められた養成機関に通って指定の講座を収めることが求められます。

保健師の資格取得には、このようにある程度の時間がかかりますので、もし保健師になりたいと思っているのであれば、長期的な観点で目標を設定して、一つ一つ段階を経ていくことが重要です。
多少の苦労が伴いますが、それだけ価値のある仕事ですし、大きなやりがいを感じられるものとなりますので、ぜひとも興味のある人はチャレンジしてみることにしましょう。

幅広い知識と経験が身に着く仕事

保健師になるためには、上記のような準備と資格が必要になりますが、仕事をうまくやっていくためには、人のために役立ちたいという思いが必要となります。
実際の業務では人々の健康を増進するために、様々な分野における知識が必要とされますので、勉強熱心で前向きな気持ちで仕事に向かっている姿勢が重要です。
保健師になるにあたっては看護師の資格が必要となりますので、医療に関する知識と共に、健康増進のための専門的な知識や実務におけるノウハウなどを身に着けていくことができます。

働く場所によっては、パートタイムの仕事や派遣などの働き方ができるところもありますので、子供がいる場合などでも無理なく自分のペースで働けるというメリットがあります。
いろいろな雇用条件がありますので、自分に合ったところを見つけられるように、根気よく求人情報をチェックすることが肝心です。

准看護師

病院での勤務がメインとなる仕事

病院での業務にはたくさんのスタッフが関わっていますが、中でも業務範囲の広さや実際に仕事に携わっているスタッフ数の多さなどを見ると、准看護師が一番多いという状況が見られます。
准看護師は都道府県の知事による資格で、国家資格である看護師とは若干の違いがあります。
しかし、実際の医療現場ではそれほど大きな業務の違いはなく、准看護師でも正看護師でもほとんど差がなく仕事をしているのが現状です。

准看護師が働く場所は様々ですが、やはり医療機関での勤務がメインとなります。
医療関連の研究機関で働くこともありますし、保健所などの公的な場所で勤務するケースもあります。
また、最近では介護関連の施設での准看護師のニーズが高まっていますので、病院と並んで介護施設で働く人も多くなっています。

資格を取得しないと准看護師として働けない

准看護師として働くためには、都道府県の知事が出す資格を取得しなければなりません。
資格取得のためには、高校卒業後2年間の看護学校に通うことや、自治体が指定する養成機関を卒業することなどの条件があります。
ほとんどの場合で、指定された学校に通う必要がありますので、資格を取るのであれば、そのための時間とある程度の費用を捻出できるように事前の準備をしておく必要があります。

自治体によっていろいろなタイプの学校があり、昼間の講座だけでなく夜間過程が設けられていることが多くなっています。
仕事をしながらでも通えますし、家庭を持っている人でも無理なく通えるような仕組みになっていますので、准看護師として活躍したいという人は前向きに検討してチャレンジしてみると良いでしょう。
費用の面で不安がある人のために、費用扶助などの制度を設けている自治体もありますので、役所なで尋ねてみることができます。

頑張り次第でスキルアップができる仕事

准看護師は、様々な現場で活躍することができます。
医療機関においては、通常の外来診療での医師の補助や、入院患者さんの看護、服薬管理、体調管理など様々な仕事があります。
一生懸命勉強して現場での実務経験を身に着けることで、よりレベルの高い現場で働くこともできるようになります。

頑張り次第でスキルアップが容易にできる仕事ですので、将来のことを考えて目標を高く保って良い仕事ができるように毎日励むことができます。
日勤はもちろん、夜勤専従や休日のみの出勤、バイトやパート、単発での勤務など、いろいろな勤務体系がありますので、自分と家族の事情に合わせて仕事の仕方を選べるという魅力があります。
無理なく仕事を楽しみ、スキルアップに励めるのはとても恵まれた仕事だと言えるでしょう。

助産師

新しい生命の誕生という喜ばしい現場に立ち会える仕事

医療関連の仕事というのは、人のために役立てるという素晴らしい仕事でやりがいのあるものですが、患者さんの病気や死などの苦しい局面に立ち会わなくてはならないという面もあります。
しかし、この助産師の仕事は、主に産褥期を迎える妊婦さんを指導したりサポートしたり、出産の際の介助を行うという仕事で、新しい生命の誕生をサポートするという喜ばしい出来事に対応するというものです。
もちろん、様々な問題を抱える妊婦さんや新生児の助けにならなくてはならないこともありますが、常に前向きな気持ちで仕事を楽しむことができるというのが大きな魅力です。

資格がないと働けないという独占業務でもありますので、雇用が比較的安定していて給料水準も高めに推移しているというのも助産師の利点です。
全国でその需要がありますので、資格と経験があれば、仕事を見つけやすいというのも実際的な面でのメリットです。

看護師の資格プラス国家資格が必要となる

助産師になるには、国家試験を受けてそれに合格する必要があります。
前提条件として、まず看護師の資格を持っていることが必要となり、その後養成機関で指定の講座を受け、国家試験に合格して初めて助産師として活動できるようになります。
現在のところ、職業上の現実的な状況から、女性のみが助産師となることができるという規制があります。

助産師が働く先としては、助産院や一般の病院の産科、マタニティクリニックなどがあります。
また、妊婦への指導、子育てについての指導をするというのも助産師の大事な役割の一つですので、医療機関のみならず、保健センターや役所などの公的機関で公務員として働くケースもあります。
さらに、出産と育児に関する専門的な知識と経験を活かして、民間の教室で講師を務めたり、自らこうした教室を開業するという場合もあります。

看護師からステップアップしたいという人におすすめな資格

看護師の資格を持っていて、これからスキルを伸ばしてキャリアアップしたいと考えているのであれば、助産の面でのスペシャリストと言える助産師の資格取得を目指して頑張ってみるのも良いでしょう。
助産技術や管理、基礎助産学を始めとして、より深い専門知識と技術を身に着けるチャンスとなりますし、たくさんの現場で貴重な経験を積めるようになります。

生命の誕生をサポートするというとてもやりがいのある仕事を楽しめますし、少子化が進んでいる日本においては、安全かつ質の高い出産の機会を作るという仕事に携われることは、社会的にも大きな意義を持つものとなることでしょう。
この分野でのスキルはとても重要なものですので、看護師の資格を持っているのであればステップアップの一つの道として選ぶことができます。