基本情報技術者試験について

IT関連の資格としての入り口にある基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、たくさんあるIT関連の資格の中でも難度が低いことなどから、IT関連スキルの入り口としてチャレンジできる資格となっています。
年齢や学歴、すでに何らかの資格を持っていることなどの条件が課されておらず、誰でも受けることができますので、気軽に挑戦できるのが魅力です。
そのため、これからIT業界への転職を考えている人や、就職を控える学生などがこの資格を取るというケースも多く見られます。

基本情報技術者試験は、あくまでも基本的な内容となりますが、他の上位資格に通じる道となりますので、まずはこの資格を取ることによって、スキルアップを徐々に続けていくことができます。
試験への準備をすることによって、IT技術の基礎を学べますので、一般的な仕事にも役立てることができる資格でもあります。

基本情報技術者試験の内容は?

基本情報技術者試験は学科試験のみとなっていて、午前と午後の二つの単位に分かれて試験を行います。
午前は小問形式のもので80題が出され、午後は大問13問となります。
どの問題もマークシート方式ですので、点数を取りやすいというのがこの試験のメリットです。

試験内容は、アルゴリズムやデータベース、セキュリティ、ハードウエア、ソフトウェアなど、かなり広範囲にわたるものです。
しかし、どちらかと言うと広く浅くという感じの問題となっていますので、しっかりと試験範囲を網羅するように勉強していけば、さほど難しくないでしょう。

また、特定の養成講座を受けることによって、午前試験を免除されるというシステムもあって、より効率よく資格を取ることもできます。
ある程度の準備期間が必要となりますが、独学でも十分狙える資格ですので、スキルアップのための頑張ってみるのも良いでしょう。

基本情報技術者試験を取ることのメリットとは?

基本情報技術者試験はあくまでも基本的な知識を問う資格ですので、この資格を取ったから高いレベルの職に就けるというわけではありません。
しかし、これからIT業界での仕事を得ようとしているのであれば、基本的なスキルを持っているということを証明するのに役立ち、就職もしくは転職を有利にします。
また、普段パソコンを使って仕事をしている人でも、しっかりと体系的にIT技術の勉強をしたいという人もいい資格で、応用の効く能力を身に着けられます。

この資格を取ることによって、よりレベルの高いスキルを身に着けるモチベーションとなり、上位資格を取るための第一段階とすることができます。
スキルアップを考えているのであれば、まずこの基本情報技術者試験からチャレンジしてみると良いでしょう。

システムエンジニアって新3K?

システムを設計して管理するシステムエンジニア

会社の業務システムを運用するためにも、何らかの店舗の売り上げを効率化させるためにも、個々のニーズに合わせたシステムというのは欠かせません。
そのため、ある程度大きな経営規模を持つ企業は、自前のシステムを構築して、それを使って業務を行っています。
そのシステムを設計し作り上げていくのが、システムエンジニアの仕事となります。

システムエンジニアは、クライアントと話し合いどんな機能が必要とされているかを見極め、設計を行い、プログラムの中身を決めていきます。
そして、できあがった設計をプログラマーに依頼して、実際の構築作業を行い、それを管理していきます。
システムができあがったらテストを行い確かに機能するかを確かめて、クライアントに納品します。

このように、システムエンジニアは一つのシステムを設計し、作業を監督するという、管理的な役割を果たします。
プログラマーが実際のプログラム作成を行うのに対して、プロジェクト全体をまとめる上級職として活躍するのが、このシステムエンジニアとも言えます。

システムエンジニアの厳しさ

システムエンジニアは、管理的な働きをしますので、いわゆるIT土方のような単調な仕事を延々とするということはありません。
しかし、クライアントとの交渉やチームのプログラマーをまとめるなど、多くの人とのかかわりがあり、上手にまとめていかないといけないので、ストレスが多い仕事でもあります。
また、多くの場合納期が厳しく設定されていますので、いかに納期に間に合わせるように終わらせるかを考え、仕事を進めていくかというのも苦労する理由となります。

万が一テストの際に不具合が出たり、完成したシステムをクライアントが気に入ってくれない時などは、システムエンジニアに責任がかかりますので、緊張感を強いられる仕事でもあります。
責任が多くやりがいが多い分、求められることも多い仕事だと言えるでしょう。

システムエンジニアの魅力とは?

こうした厳しさもありますが、やはり自分のセンスと高い技術を用いて、思い通りのシステムを作り上げられるというのは非常にやりがいのあることです。
レベルの高いシステムを作ることができた時は、大きな達成感を味わえます。

システムの構築と一口に言っても、規模やその複雑さなどでかなり違いがありますので、システムエンジニアとしてスキルアップを行い、より大きくて難しいプロジェクトに携われるように頑張っていくというのも、システムエンジニアならではの楽しみでしょう。
スキルを高めることでキャリアアップがしやすい職種ですので、将来性があるというのも魅力的な点と言えます。

IT土方って?失敗しない転職方法

ひたすら打ち込み作業をするIT土方のつらさ

IT関連の仕事と言うとクリエイティブな感じがするかもしれませんが、現場にはいろいろなタイプの仕事があり、IT土方と称される仕事もあります。
建設業でいう土方は体力的にきつい仕事を黙々と続けていくことが多いですが、IT土方も同じように、同じような業務を淡々とし続けるという特徴があります。

具体的にはプログラミングの仕事が多く、それぞれに割り当てられたプログラミング言語の打ち込みをひたすら行っていくというものです。
自分でプログラムを考えてするのではなく、プログラマーが作った内容を打ち込んでいくだけで、データ入力の仕事とほとんど変わらない感覚で仕事をすることになります。
特に頭を使わなくても良いという面もありますが、飽きやすいですし目や肩が長時間のパソコン作業のせいで疲れてしまうというデメリットもあります。

納期が迫っていると相当のストレスとなるIT土方

こうしたプログラミングの仕事では、特に納期が迫っている時の業務は相当きついものがあります。
何も考えずにひたすら打ち込んでいく作業を延々と続け、徹夜続きということも珍しくありません。
プログラミングを請け負う企業は、納期に追われて仕事をしているケースが多いので、どうしてもIT土方と呼ばれる仕事がメインとなっていると、その負の環境から抜け出せないこともあります。

プログラミングの実務経験を積んで自分でシステムの設計やプログラムをしたいと思っても、あまりのオーバーワークのために、勉強することもスキルアップすることもできず、その状態を続けざるを得なくなってしまうのです。
せっかくIT関連の仕事をしているのに、肝心のスキルを身に着けられないことがあるというのが、この業界の課題と言えるでしょう。
単価が安く競争が激しいということが、納期に負われる受注体制になってしまい、IT土方を生み出してしまうと考えられます。

業務内容をしっかりと把握した上で転職先を決める

こうしたIT土方の状態から脱却するためには、自分のスキルを伸ばすことができて、やりがいを感じられる仕事を得られる会社に転職するのが一番です。
そのためには、焦って転職先を決めるのではなく、じっくりといろいろな会社の情報を集めることが肝心です。
給料などの表面的な待遇だけに目を留めることなく、どんな仕事を請け負っていて、どんな業務をメインとしているかを把握するようにしましょう。

また、できるだけ実際のオフィスを見せてもらって、どんな環境で働いているかを見ることも大事です。
使われているマシンやスタッフの数、オフィスの規模などを見ることによって、どんな会社かを理解できるようになります。

難病患者等ホームヘルパーについて

難病に関する専門的な知識を身に着けホームヘルパーの仕事をするための資格

難病患者等ホームヘルパーとは、主に難病患者さんのケアをするためのスキルを持っているということを証明する資格です。
難病としてはベーチェット病やクローン病、パーキンソン病など様々な病気があり、治療が困難で症状が重度のものがあります。
しかも、一口に難病と言っても、それぞれ全く原因や症状、病気の程度も異なりますので、同じようなケアでは対応できません。

そこで、ホームヘルパーの業務をする際に、難病についてのそれぞれの知識を身に着け、患者さんごとに適切なケアができるようにするのがこの仕事です。
難病患者さんのケアでは、慎重な判断が求められることもありますので、しっかりとした病気に対する知識を持つことが非常に重要で、お互いに安心してサービスを提供できるようにするものとなります。

養成講座を修了するだけで得られる資格

難病患者等ホームヘルパーは1級から3級に分かれていて、入門コースからより範囲の広い対応ができるようになるクラスまでとなっています。
どの級においても養成講座が設けられていて、その講座を修了することによって資格が得られます。
養成講座はどれも一日で終了し、だいたい5時間から8時間程度となっています。

資格としてはかなり難度の低いものですので、ホームヘルパーとしてスキルを広げたいと思っている人は、気軽に受けることができます。
それぞれの自治体で定期的に養成講座を開催していますので、最寄りの場所を探して資格を取るようにしましょう。
短時間で取れる資格ですので、現在仕事をしていてスキルアップのためになかなか時間が取れないという人にもピッタリの資格と言えます。

介護業務の幅が広がって安心して働ける

ホームヘルパーの仕事は高齢者や障害者のケアがメインとなりますが、中には難病を抱える患者さんもいます。
そのようなケースでより適切に、また自信をもってケアができるようになりますので、難病患者等ホームヘルパーを取る意味は大きいと言えるでしょう。
また、介護職は全国にたくさん募集がありますが、条件の良いものは競争が厳しくなる傾向が見られますので、こうした資格を取って他の人に差を付け仕事を得られやすくするというメリットもあります。

なによりも、この難病患者等ホームヘルパーを取ることによって、より難病そのもの、そして難病患者さんへの理解を深めることができます。
一層要介護者のために自分を役立てることができるため、大きなやりがいを持てるというのも、この資格を取ることの大きなメリットと言えるでしょう。
簡単に取れる資格ですので、気軽に資格取得を考えてみましょう。

認定介護福祉士とは

より高度な介護士の資格である認定介護福祉士

介護の現場で用いられる資格はいろいろありますが、基本となるのは介護士という資格です。
これは国家資格で介護の基本的な知識や技術を持っていることを証明する資格となります。

一方でこの認定介護福祉士は、民間資格となっていますが、介護福祉士の上級資格として一般的に扱われます。
原則として、この資格がないとできない業務というものはないですし、通常の介護士と行う業務そのものには変わりはありません。
しかし、より管理的な立場、もしくは教育的な上位者として働けるようになりますので、介護業界では重要な資格として位置づけられています。

認定介護福祉士を取るためには?

認定介護福祉士は、介護福祉士の上級資格となっていますので、まずはこの介護福祉士の資格を取る必要があります。
その上で、実際の介護現場で実務経験を5年以上積んでいるということが条件となります。
また、認定介護福祉士のための養成講座を600時間以上受けていることも、第二の条件として求められます。

これらの二つの条件を満たした段階で、審査機構に申請を出して認証を受けることによって資格が得られます。
資格を得るためには、ある程度長い期間にわたる実務経験と養成が必要となりますので、長期的な観点で資格取得を目指すようにしましょう。

認定介護福祉士を取ることのメリットと活躍の場

認定介護福祉士の資格は、介護現場において介護福祉士としての経験を長年にわたって十分に積み、今度は管理的な立場として働けるようになることを証しするものです。
そのため、介護の現場で働くことに加えて、後進の介護士を育成するという仕事を行えるようになります。
研修プログラムを作成したり、実際に細かな研修を実地で行ったりして、実践的な能力を持つ介護士を育てていくことになりますので、とてもやりがいがある仕事となります。

また、管理的な業務をするというのも、認定介護福祉士にとって大事な役割です。
施設全体の介護プログラムの計画を練ったり、改善点を見つけて具体的にどのようにしていったらいいのかなどを考えていきます。
施設長などの管理者と相談して、より全体的な面での仕事ができるようになります。

このように、認定介護福祉士はより活躍の場を広げるのにうってつけの資格ですので、転職にかなり有利に働きます。
また資格手当が付くなど、待遇面での向上にもつながりますのでメリットは大きいと言えるでしょう。
キャリアアップを介護業界の中でする上で非常に重要な資格となりますので、すでに介護福祉士の資格を持っているのであれば、次の段階としてこの認定介護福祉士を取ることを目標にするのも良いでしょう。

レクリエーション介護士の魅力

介護の現場で求められるレクリエーションについてのスキルを高める

世界でもトップクラスの超高齢化社会となっている日本では、介護職の増員と質の向上というのは緊急の課題となっています。
また、介護職は全国どこでも仕事が多く、転職や就職がしやすいという面もあります。
そのため、介護における様々なスキルを向上させ、より有用な人材として成長していくことは、仕事を安定させるためにとても重要なことです。

その点で注目されているのが、レクリエーション介護士という資格です。
介護士という資格は、介護の基礎となる資格で、専門的な知識と介護技術を身に着けて適切かつ安全に要介護者をケアすることができるスキルを証明するものです。
一方でレクリエーション介護士という資格は、介護施設で行われるレクリエーションという分野に的を絞って、要介護者が楽しめてリハビリなどに役立つレクリエーションを考案し実施することができるという、限定されたスキルについての資格となります。

修了試験があるが難度が高くないので取りやすい資格

レクリエーション介護士は、一般的に通信講座などで講座を受けて取ります。
講座終了時には修了試験がありますが、しっかりと講座で勉強をしていれば問題なく取れるレベルの問題となっていますので、さほど苦労することなく資格をもらえるでしょう。
介護関係の資格の中でも難度が緩やかですので、介護を初めて間もない人でも挑戦できますし、これから介護業界で頑張ろうと思っている人が取ることもできます。

資格を取ることによって、転職や就職を有利にできるというメリットがあります。
介護業界はたくさんのスキル保持者がいますので、他の人との差を付けるという意味でも良い資格で、キャリアアップを狙う一つの段階としてこのレクリエーション介護士に挑戦してみるのも良いでしょう。

また、現場にも役立てることができる資格でもあります。
レクリエーションは介護の現場では必須とも言える活動ですので、レクリエーションのバリエーションを増やすと共に、より安全に楽しくするための方法を資格取得のための準備を通して学ぶことができます。

楽しみながら資格を取りたい

レクリエーション介護士は、難度が低いということもあり、比較的簡単に取れる資格です。
また、要介護者のことを考えながらどんなレクリエーションが楽しく、リハビリに役立つのかと考えていくことができます。

資格取得のための対策、準備も楽しく行えるはずですので、難しく考えずに楽しみながら準備を進めるようにしていきたいものです。
また資格を取った後は、いろいろなシーンでこの勉強が役に立つということを実感できるはずですので、後悔することはありません。

ハウスクリーニング技能士について

住居の清掃を行う国家資格保有者ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士とは、一般家庭の住居をメインとしてクリーニングを行う高い技術を持ったエキスパートのことを指します。
ハウスクリーニング自体は、特に資格がなくても仕事ができますが、高いレベルでクリーニングを行い顧客の満足を得るためには、高いスキルが求められます。
ハウスクリーニング技能士は、国家資格の一つで客観的に高いレベルの知識と技術を持っているということを証明するものですので、ハウスクリーニング技能士に依頼することによって安心してクリーニングを行えます。

この仕事は住居のクリーニング一般となっていますが、特に風呂場やトイレ、キッチンなどの汚れが強いところや、エアコンなどの掃除が難しいところなどの技術に長けています。
そのため、素人による普段の掃除では行えない、もしくはすることができてもあまりきれいにできない場所を依頼されることが多くなっています。
徹底的かつ安心の作業を期待できますので、エキスパートに依頼するだけの価値があるということで、資格を持っていることには十分のメリットがあります。

ハウスクリーニングにおける技術に長けているということで大きな営業力となる

ハウスクリーニングという仕事は、多くの業者が参入していますので、競争が激しく価格競争が行われているのが現実です。
そのため、仕事を請け負うがなかなか簡単ではないという状況が生じているところもあります。
しかし、ハウスクリーニング技能士の資格を持っていれば、たくさん存在する他の業者との差を付けることができて、顧客からの信頼度も上がるというメリットがあります。

そのため、より安定した仕事を入れることができますし、報酬の面でもより高いレベルとなります。
就職や転職に有利な資格となりますし、自分で独立開業するにしてもこの資格を持っているかどうかというのは、営業力をさらに高めるために大事なポイントとなります。

技能士試験を受けて資格を得る

ハウスクリーニング技能士は、技能士試験を受けることによって資格を得られます。
この分野における専門的な知識を問う筆記試験と実技試験とがあり、かなり高度な試験となっています。
単に日常的に業務をしているというだけでは試験にパスするのが難しいこともありますので、専門的な講座を受けるという手もあります。

それぞれの自治体で試験についての詳細を出していますので、しっかりと内容を確認して資格取得にチャレンジしてみましょう。
経験が求められる資格でもありますので、そう簡単に取ることはできませんが、チャレンジするだけの価値がありますので十分に準備を重ねて受験しましょう。

事件現場特殊清掃士について

清掃関連の仕事の中でも特殊性の強い事件現場特殊清掃士

清掃業界は、様々なタイプの現場があり、それぞれに異なるスキルや資質が求められます。
一般的なビルやオフィスの清掃や個人宅の清掃、新築住宅やリフォーム物件の清掃などが一般的ですが、やはり微妙にそれぞれ違った仕事の仕方をします。
それに加えて、かなり特殊な清掃業務もあり、そこではさらに異なるスキルが求められてきます。

その代表と言えるのが、事件現場特殊清掃士という仕事でしょう。
この事件現場特殊清掃士とは、自殺や孤独死、殺人事件などが起こった住居などを清掃するというものです。
そのため、汚くなった場所やモノを掃除するというだけでなく、死体の後に残ったものを清掃する必要が出てくるのです。

死臭に耐えることができないといけない

なんらかの事件に巻き込まれて死者が出た場合、その現場には血液や体液、それを求めてくる昆虫などがあります。
そして、ご遺体が発する死臭というのは、かなり強烈なものがあり、通常はなかなか耐えられるものではありません。

そのため、事件現場特殊清掃士として働くためには、事件現場特有の汚さと共に、死臭に耐えられるということが大きな条件となってきます。
もちろん、実際の作業をする際には、特殊なマスクを装着することになりますが、どうしても完全にはシャットアウトできませんし、作業着などに臭いが付着してしまうこともあります。

事件現場特殊清掃士として働くためには、何らかの公的な資格が必要になるわけではありませんが、この条件をクリアできないと厳しいでしょう。
事件現場特殊清掃士を求めているところでは、あらかじめこのことについての質問を求職者にして、本当にやっていけるかどうかを尋ねることがほとんどです。
実際に現場を体験してみないと分からないということもありますが、あらかじめこの条件についてはしっかりと認識しておくようにしましょう。

給料が高めなのがメリット

このように、事件現場特殊清掃士は、特別の資格がなくてもできるものの、その現場の特殊性ゆえに誰でもできる、もしくは続けられるというわけではありません。
そのため、一般的な清掃業よりも、給料水準が高めとなっています。
今では、事件現場特殊清掃を行う会社が多くなっているということもあって、だいぶ給料水準が下がっていますが、それでも一般清掃よりも2、3割以上は高い給料が提示されることが多くなっています。

ご遺体があった場所をきれいにして、住居のオーナーやご家族のもとに返すという仕事は、誰にでもできる仕事ではありません。
社会的にも意義のある仕事ですし、それを求めている人もいますので、責任感を持って仕事ができるというのもメリットの一つと言えるでしょう。

看護師のストレスの原因ベスト5

人間関係がストレスのトップに挙がる

看護師の仕事は全体で見ると、とてもやりがいがあり喜びを感じられる機会も多い仕事ですが、同時にストレスも抱えることが多くなります。
いろいろなストレスの要因となることがありますが、そのトップ5を見ることで、どのようにそれに対処していったら良いかを知ることができるでしょう。

まず、看護師が抱えるストレスの原因のトップ1は職場での人間関係です。
これには上司との関係や、同僚との軋轢などが含まれます。
命に関係する仕事をしていますので、お互いにレベルの高い要求をしなくてはなりませんし、体力的にも精神的にも追い詰められてしまう時もありますので、どうしても人との関係において余裕がなくなってしまうことが生じるのは事実です。

そのため、ある程度の人間関係の問題が生じえるということを前提に考えて、それに対処できる術を身に着けるようにしましょう。
ストレスを上手に発散できる場を自分の中で持っておくと、いろいろな問題が持ち上がった時にも、心の傷を受けずに済みます。

仕事の責任と量がプレッシャーとなることも多い

次にあげられるのは責任と量です。
看護師の仕事は、患者さんの健康と命を預かるという大変責任の重いものです。
特に、ちょっとした投薬ミスやケアのミスで、患者さんの命を奪ってしまうこともありますので、常に緊張が強いられる場となります。

また、病院で常にたくさんの患者さんをケアしなければなりませんし、急な体調不良や救急搬送などに対応しなくてはならないため、仕事の量はいつもパンパンという状況です。
そのため、自分で体力的にもバランスを取れる環境を選ぶことが重要です。
勤務シフトや看護師の配置状況などを調べて、重荷とならない病院を選ぶようにしましょう。

意外と給料が少なくプライベートの時間が取れないことが多い

さらに続くのが、収入面と時間面でのストレスです。
看護師は資格がないとできない独占業務ですし、仕事の量もハードさも、他の職種を上回るものがあります。
そのため、当然給料はしっかりともらいたいと誰しも思うものですが、実際には勤務の大変さに見合うものかと言われると、そこまでではないというのが現状です。
夜勤などの時間外勤務をこなしてある程度満足できる給料の額になり、普通の勤務ではなかなか思うような額にならないことが多いものです。

また、残業が多かったり、夜勤と日勤のミックス、定休の曜日が決まっていないなどの理由で、プライベートの時間が取れず、ワークバランスが崩れていると感じるのも、看護師にとって大きなストレスとなります。
こうした事態を改善するために、働きやすい環境を整えている病院を選ぶことや、いろいろな勤務体系で働ける場所を選ぶことは肝心です。
特に今では、派遣や時短勤務、日勤のみなど、いろいろな働き方が選べるようになっていますので、自分と家庭のための時間をしっかりと取れるようにしましょう。

終末期医療とエンド・オブ・ライフケアについて

終末期医療の考え方が変わってきている

医療の仕事に携わる人にとって、悲しくも避けて通れないのが患者さんの死という現実です。
どんなに医療が進歩しようとも、患者さんの寿命をある程度伸ばすことができるとしても死を避けることはできません。
特に日本では、高齢者の数が急速に増えていますので、看護師としても死に面することが増えてくることになります。

終末期医療については様々な考えがありますが、最近ではエンド・オブ・ライフケアという考えが次第に浸透してきています。
これは、死に向かう患者さんの心の整理をして、最後の期間の生活の質を高めるということに重点が置かれています。
従来のターミナルケアとは多少異なる概念も含まれていますので、看護師としてもこのエンド・オブ・ライフケアという考えをしっかりと意識する必要があります。

最後の時間を幸せに過ごせるようにサポートする

医療スタッフの一員であれば、どうしても終末期医療に注目せざるを得ません。
今までのターミナルケアでも、患者さんの痛みを取り除き最後の時間を有意義に過ごせるという考えが主軸となっていますが、それよりさらに患者さんの生活の質の向上という面に注目して、様々な観点から幸福な時間を過ごせるようにサポートするという姿勢を取ります。

医学的な技術を駆使して、できるだけ痛みを減らして病気による苦しみを取り除くことと共に、通常の生活を楽しんで過ごせるようにすることや、友人や家族との時間を大事に過ごせるように助けることがエンド・オブ・ライフケアでは重要な要素となってきます。
また、医療的ケアの手法について患者さん本人が選択できるようにして、本人の意思を尊重するというのも大事な考えとなっています。

本人の自己決定権を尊重することが重要

エンド・オブ・ライフケアでは、本人の自己決定権というのがとても重要になってきます。
そうすることで、最後の時間を自分の納得できるような仕方で過ごすことができるようになってきますし、死にしっかりと向き合うという姿勢を持つことができるからです。
特に、意識がなくなり本人が判断能力を失ってしまった時に、心肺蘇生を続けるかどうかなどの微妙な問題においても、しっかりと本人の意思を聞き取り、それを活かせるようにすることも大事なポイントです。

看護師にとっては考えさせられることも多い分野ですが、患者さんとそのご家族の幸せに貢献する大事なことですので、この分野に関する知識と判断力を培っておくのは大事なことです。
高齢化が進むにつれて、病院だけでなく、自宅で在宅医療を受けながら終末期医療をするというケースも増えてきていますので、訪問看護に携わる看護師は特にこの点に精通している必要があります。