看護助手

資格がなくても病院で人のために役立てる仕事

医療機関では様々な職種で働く人たちがいます。
医師や看護師といった、医療の現場では最前線に立って働く人たちがいる一方で、こうした医療スタッフを支えるたくさんのスタッフもいます。
その一つがこの看護助手で、看護師の補助するというのが主な役割です。

看護師や准看護師とは違って資格がなくても働けますので、より気軽に医療機関で人のために役立てるというメリットがあります。
一方で、無資格ということで医師や看護師に許されているような医療行為は行うことができません。
病院はそれぞれの部署で割り当てられる業務は異なりますが、一般的な生活介助や書類の整備、診療の際の事務的な手続きや患者さんの案内など多岐にわたる業務があります。

必要なスキルは特にないが病院勤務の経験を積めるのがメリット

看護助手には特に資格が必要ありませんし、多くの場合それほど実務経験などが求められているわけではないので、気軽に求人に申し込むことができ、なおかつ仕事を始められるというのがメリットです。
それでも、病院の中で実際の業務を通して様々な経験ができますので、病院での仕事がしたいという人にはぴったりです。
また、医療の最前線で働く人たちと一緒に仕事ができますし、その仕事ぶりを見ることができますので、病院勤務での経験を積めるというのも大きな利点です。

看護などの現場で仕事をしてきた人などが、看護助手として働く人も多いですし、看護師の資格を取るために学校に通って勉強している人が実務経験を積むために働いているケースもあります。
特に資格がなくても問題のない職種ですが、やはり介護関連の資格を持っているなど、何らかの目に見えるスキルがあると採用に有利となることもあります。

将来のための備えができる仕事

看護助手は、実際の現場では医療行為ができませんが、自分の目でその現場を見たり話を聞いたりすることができます。
自分のスキルを磨いてステップアップしたいと思うのであれば、こうした機会を活用して、看護師もしくは准看護師になるための勉強をすることができます。
すぐに資格が取れるというものではありませんし、指定された養成機関などに通う必要が出てきますので、時間と努力が必要となりますが、無駄になることのない資格ですのでぜひとも資格取得に向けてチャレンジしてみたいものです。

看護助手の仕事で得られた経験は、必ず看護師などの仕事において役立つものですので、現場での業務機関を大事にしましょう。
また、看護助手とした働いていたという経験は新たな職場を探す面でも有利に働くことになります。
人のためになりやりがいを強く感じられる仕事ですので、興味のある人は募集している病院がないかどうかチェックしてみると良いでしょう。