准看護師

病院での勤務がメインとなる仕事

病院での業務にはたくさんのスタッフが関わっていますが、中でも業務範囲の広さや実際に仕事に携わっているスタッフ数の多さなどを見ると、准看護師が一番多いという状況が見られます。
准看護師は都道府県の知事による資格で、国家資格である看護師とは若干の違いがあります。
しかし、実際の医療現場ではそれほど大きな業務の違いはなく、准看護師でも正看護師でもほとんど差がなく仕事をしているのが現状です。

准看護師が働く場所は様々ですが、やはり医療機関での勤務がメインとなります。
医療関連の研究機関で働くこともありますし、保健所などの公的な場所で勤務するケースもあります。
また、最近では介護関連の施設での准看護師のニーズが高まっていますので、病院と並んで介護施設で働く人も多くなっています。

資格を取得しないと准看護師として働けない

准看護師として働くためには、都道府県の知事が出す資格を取得しなければなりません。
資格取得のためには、高校卒業後2年間の看護学校に通うことや、自治体が指定する養成機関を卒業することなどの条件があります。
ほとんどの場合で、指定された学校に通う必要がありますので、資格を取るのであれば、そのための時間とある程度の費用を捻出できるように事前の準備をしておく必要があります。

自治体によっていろいろなタイプの学校があり、昼間の講座だけでなく夜間過程が設けられていることが多くなっています。
仕事をしながらでも通えますし、家庭を持っている人でも無理なく通えるような仕組みになっていますので、准看護師として活躍したいという人は前向きに検討してチャレンジしてみると良いでしょう。
費用の面で不安がある人のために、費用扶助などの制度を設けている自治体もありますので、役所なで尋ねてみることができます。

頑張り次第でスキルアップができる仕事

准看護師は、様々な現場で活躍することができます。
医療機関においては、通常の外来診療での医師の補助や、入院患者さんの看護、服薬管理、体調管理など様々な仕事があります。
一生懸命勉強して現場での実務経験を身に着けることで、よりレベルの高い現場で働くこともできるようになります。

頑張り次第でスキルアップが容易にできる仕事ですので、将来のことを考えて目標を高く保って良い仕事ができるように毎日励むことができます。
日勤はもちろん、夜勤専従や休日のみの出勤、バイトやパート、単発での勤務など、いろいろな勤務体系がありますので、自分と家族の事情に合わせて仕事の仕方を選べるという魅力があります。
無理なく仕事を楽しみ、スキルアップに励めるのはとても恵まれた仕事だと言えるでしょう。