システムエンジニアって新3K?

システムを設計して管理するシステムエンジニア

会社の業務システムを運用するためにも、何らかの店舗の売り上げを効率化させるためにも、個々のニーズに合わせたシステムというのは欠かせません。
そのため、ある程度大きな経営規模を持つ企業は、自前のシステムを構築して、それを使って業務を行っています。
そのシステムを設計し作り上げていくのが、システムエンジニアの仕事となります。

システムエンジニアは、クライアントと話し合いどんな機能が必要とされているかを見極め、設計を行い、プログラムの中身を決めていきます。
そして、できあがった設計をプログラマーに依頼して、実際の構築作業を行い、それを管理していきます。
システムができあがったらテストを行い確かに機能するかを確かめて、クライアントに納品します。

このように、システムエンジニアは一つのシステムを設計し、作業を監督するという、管理的な役割を果たします。
プログラマーが実際のプログラム作成を行うのに対して、プロジェクト全体をまとめる上級職として活躍するのが、このシステムエンジニアとも言えます。

システムエンジニアの厳しさ

システムエンジニアは、管理的な働きをしますので、いわゆるIT土方のような単調な仕事を延々とするということはありません。
しかし、クライアントとの交渉やチームのプログラマーをまとめるなど、多くの人とのかかわりがあり、上手にまとめていかないといけないので、ストレスが多い仕事でもあります。
また、多くの場合納期が厳しく設定されていますので、いかに納期に間に合わせるように終わらせるかを考え、仕事を進めていくかというのも苦労する理由となります。

万が一テストの際に不具合が出たり、完成したシステムをクライアントが気に入ってくれない時などは、システムエンジニアに責任がかかりますので、緊張感を強いられる仕事でもあります。
責任が多くやりがいが多い分、求められることも多い仕事だと言えるでしょう。

システムエンジニアの魅力とは?

こうした厳しさもありますが、やはり自分のセンスと高い技術を用いて、思い通りのシステムを作り上げられるというのは非常にやりがいのあることです。
レベルの高いシステムを作ることができた時は、大きな達成感を味わえます。

システムの構築と一口に言っても、規模やその複雑さなどでかなり違いがありますので、システムエンジニアとしてスキルアップを行い、より大きくて難しいプロジェクトに携われるように頑張っていくというのも、システムエンジニアならではの楽しみでしょう。
スキルを高めることでキャリアアップがしやすい職種ですので、将来性があるというのも魅力的な点と言えます。