ネットワークスペシャリスト試験とは

ネットワークに関する確かなスキルを問うネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、IT関連の資格でも特にネットワーク技術に関するスキルを問う資格となっています。
IT関連技術はそれぞれの分野に専門化が進んでいますので、同じITスキルでもネットワーク関連に興味があるのであれば、この資格を取るのがベストです。
難度は中程度ということで、多少の実務経験を積んでいる人がさらなるスキルアップのために挑戦するのに最適の資格と言えるでしょう。

特に年齢制限や学歴、取っておくべき資格などの受験資格条件がありませんので、気軽にだれでもチャレンジできます。
同等の他の資格に比べると受験料が安いということもあって、人気の高い資格となっています。
繰り返し挑戦しやすい資格ですので、ある程度の期間を目標に頑張ってみるのも良いでしょう。

幅広い範囲にわたる知識を持っていることが重要です。

このネットワークスペシャリスト試験では、ネットワークを構築する技術から、現在のネットワークサービスの動向まで幅広い範囲の知識が問われます。
単にネットワークの仕組みを理解している、自分で構築ができるというだけでなく、総合的な知識が必要とされますので、しっかりと出題範囲を網羅できるように勉強することが肝心です。

試験は4つの単位に分かれていて、午前はマークシート式の問題で、午後は記述式の問題となっています。
どの単位においてもまんべんなく点数を取ることが重要ですので、一部だけの対策ではなくしっかりと全体を勉強するようにしましょう。
ネットワークの構造と共に、セキュリティーについての知識やコスト計算など、かなり実践的な内容が取り上げられますので、試験を通じて学んだことは実際の業務でもすぐに役立てられるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験を受けることのメリットは?

IT関連の職種でもネットワーク系の仕事は、安定して求人があることや、年収水準が平均以上となっていて、働きやすい環境となっています。
そのため、この分野におけるスキルを証明するネットワークスペシャリスト試験を取ることは、仕事の面で大きなメリットがあると言えるでしょう。
転職をするのも楽になりますので、スキルを持っているということで良い待遇を受けられるようになります。

ネットワークスペシャリスト試験の上にも上位資格がありますので、キャリアアップをする上での一つのステップとして、この資格を取るのも良いでしょう。
ネットワークスペシャリスト試験を足掛かりにして、よりレベルの高いスキルを身に着けられるように頑張ることができます。
比較的チャレンジしやすい資格ですので、まずはこの試験をチャレンジしてみましょう。