ケアマネージャー

ケアマネージャーの可能性

ケアマネージャーとは、要介護者などの相談に応じる人のことです。
実際には相談のみに対応しているのではなく、適切な判断により指示などを出すという仕事にも対応しています。
ケアマネージャーの資格は、資格試験の合格によって得られるのですが、近年では合格率が約16.0%となっておりますので、合格率が高い資格ではありません。

また、ケアマネージャーの就職先ですが、ケアマネージャーは多様な仕事に就けるという魅力があります。
例えば、老人保健施設、介護保険施設などで勤務できることが多いです。
このような施設をはじめ、継続して勤務し経験を積むことで、主任ケアマネージャーという更にステップアップした資格を取得でき、介護施設以外の職場や教育に携わるなど、仕事の選択肢も多くなります。

そして、ケアマネージャーの平均年収は一般介護職と比べると高い傾向にあります。
現在知られている範囲では約370万円という平均年収が目立っておりますので、介護の仕事をするにあたり収入面を考える場合には取得しておくべき資格のひとつと言えます。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事内容ですが、主に要介護者と家族の連絡、相談などの橋渡し役となる仕事を行います。
なので、時代によってケアマネージャーのすべき仕事は変わってくるのです。

近年では、在宅介護サービスというものが知られるようになりました。
こちらは、それほど重い障害を負っていない人であれば受けられるので、人気の介護サービスとして有名です。
ですが、人気が高すぎるため在宅介護サービスを始める業者も増えてきました。
つまり、今では数が多すぎるため・・・どの業者を利用すれば良いのか迷うような状況なのです。
このような場合も、ケアマネージャーは相談に乗ってあげることができます。

ケアマネージャーの仕事内容を大まかにまとめると、相談相手の精神的ストレスをやわらげる仕事というのが妥当でしょう。
近年では、それほど多くの費用を介護施設に使えないという人も増えてきました。
ケアマネージャーは、相談だけでなく施設そのものの案内も行っていますので、最近では、施設そのものを代わって選んでくれる人物としても有名になっているのです。
個々が求めているもの、また不安といった問題点を洗い流し、そしてニーズにあった施設を選ぶわけなので、責任重大な仕事を任せられることもあるでしょう。

ただし、ケアマネージャーの需要は年々で高まっていますので、今では年収増が見込めている勤務先も増えています。
近年では、男性だけでなく女性のケアマネージャーを多く採用している業者も増えてきました。
理由としては、年収増につながるということで、意欲的に長期間に渡って働いてくれる女性が増えているからです。
そのため、ケアマネージャーの中にもキャリアを多く積んでいる人物も多く、ケアマネージャーもベテランと未経験者で分類されるようになりました。