訪問介護

訪問介護とは

window-377593_640

訪問介護は自宅まで訪問をして介護サービスを提供することです。
食事や入浴、排泄などの介護を行ったり、掃除や洗濯、調理などの家事をやります。
また、相談を受けたり、助言をしたり、その他日常生活のさまざまな世話をします。

訪問介護を行うことによって、利用者は生活基盤を整えることができます。
できるだけ自立した生活を送れるように支援をするため、利用者は自信を持って生活できるようになります。
介護を必要とする高齢者が自立した生活をして、自己実現を図るための手助けをします。

高齢者が寝たきりになったり、認知レベルが低下するなどの障害が起きることを予防できるのも、訪問介護の仕事の魅力。
利用者の家族が適切な介護をしているのかチェックして、安全に介護できるように配慮します。

訪問介護によって、利用者の状態観察を行い、少しでも異常が見つかった場合にはすぐに関係者に連絡や相談をします。
利用者が適切な支援を受けられるように、他職種の関係者とともに協力をして、仕事を行います。
このように訪問介護にはさまざまな目的があり、利用者を助けてくれるのです。

訪問介護の仕事は身体介護と生活援助の2種類に分けることができます。
身体介護とは日常生活のさまざまな介助をし、自立して行動できるように支援するもの。
生活援助とは、家事や買い物、薬の受け取りやベッドメイクなどを行うものです。

訪問介護の利用者にはさまざまな人達がいます。
要介護度の軽い人の場合は生活援助の割合が大きくなり、逆に要介護度が重い人に対しては身体介護の割合が大きくなります。
生活援助に関しては、一人暮らしの方ややむを得ない事情のある場合など利用に制限があります。

訪問介護の待遇ややりがい

訪問介護の仕事は人手不足となっており、やる気があるならばすぐに始めることが可能です。
待遇についてはどの事業所で働くかによって異なります。
それほど高い収入が得られるわけではありません。

しかし、これからは訪問介護の需要がますます高くなり、人手不足も続くことから、待遇を改善しようという動きがあります。
給料がもっと高くなり、労働環境も良くなる可能性は高いです。
そのため、理想的な待遇で訪問介護の仕事をできる人が増えるでしょう。

訪問介護のやりがいとして最も大きなものはやはり利用者やその家族から感謝されることでしょう。
特に介護を受けている本人からは大きな感謝の気持ちを伝えられることがあり、この仕事をやっていてよかったと思う人は多いです。
訪問介護をしたおかげで、利用者が自立した行動を取れるようになった時には大きな満足感を得られるでしょう。

訪問介護の仕事にはつらい部分や汚い部分も存在します。
しかし、それ以上に大きなやりがいや自信を得ることができる仕事です。