居宅介護支援

居宅介護支援とは

居宅介護支援とは、在宅介護をしたいと考えている人のサポートをするサービスのことです。
介護支援専門員が依頼を受けて、要介護者の状況や環境、家族の意向などを調べて、それを踏まえた上で介護サービスの利用計画を作成します。
また、その計画に基いたサービスがきちんと行われるように、介護サービス事業者と連絡や調整を行ったり、必要であれば介護施設や老人福祉施設などの紹介も行います。

居宅サービス計画は利用者が自身で作ることも可能ですが、専門的な知識がなかったり、初めての方にとっては大変なことです。
介護保険制度は居宅介護支援のためのお金を給付してくれるため、居宅介護支援サービスの利用を推進しています。

居宅介護支援を利用しようと考えている人の中にはさまざまな人がいます。
また、要介護認定を受けていない人も含まれているため、必要であれば申請代行をすることもあります。
介護保険制度や給付サービス、市町村の提供する介護サービスなど、介護に関するさまざまな情報を利用者に分かりやすく説明するのが仕事となります。

wheelchair-908343_640

居宅介護支援の仕事はあくまでも利用者目線で行い、在宅で快適な生活を送れるようにサポート。
利用者が自立した生活を送れるように、生活の質を向上できるように支援します。
介護を受ける人だけではなくて、その家族も支援の対象者となります。

利用者のことを考えて、さまざまな事業主体からのサービスを提示します。
たとえば、特定の事業主体からのサービスのみを提示するようなことはあってはなりません。
公正中立の観点から、さまざまなサービスを総合的に考慮して、適切なものを利用者に提示することが重要です。

居宅介護支援の仕事について

居宅介護支援の仕事をする人はケアマネージャーと呼ばれることもあります。
こちらのサイトではケアマネージャーの仕事内容について詳しく解説しています。
>>ケアマネージャーの仕事内容

雇用先によって給料は違います。
資格手当が付くことが多いため、高給与を目指すのであればさまざまな資格を取得するべきでしょう。

介護に関わる仕事ですが、直接介護の業務をするわけではありません。
主な仕事はケアプランの作成であり、そのために色々な情報を集めたり、関係事業所との連絡や調整などを行います。
また、実際に介護施設で働いている人が兼業としてケアマネージャーをやっているケースも多いです。

事業所に勤めている人もいれば、自分で事業所を経営している人もいます。
居宅介護支援事業所や地域包括支援センター、介護保険施設などで勤務しているケアマネージャーが多いです。

ケアマネージャーの仕事は多くの方が介護業界の仕事としてイメージするものとは異なっています。
また、これから先日本は高齢化が進んでいくため、ケアマネージャーの役割はますます大きなものとなるでしょう。