介護業界

hand-588982_640

介護業界とは

介護業界では介護に関するさまざまな仕事が存在しています。
自分の力で生活することが困難な人や、他人の助けがないと日常生活を送れない人のためのサービスを提供するのが介護の仕事です。
介護の仕事は3Kの代表格として扱われることが多いですが、実際にはやりがいを持って仕事をしている人がたくさんいます。

日本は高齢社会であり、これからも高齢者の割合はどんどん増えていくと考えられます。
そのため、介護に対する需要は非常に高まり、介護業界は仕事がたくさんあるのに人材が不足しているため、人手不足に陥ることが予想されています。
こういったことから、海外からも労働者を集めようという動きがあります。

高齢者の割合が増えるだけではなく、日本では少子化も進んでいます。
多くの高齢者は在宅での介護を望んでいるのですが、高齢者の数が増えて、その下の世代の数が減っているため、家族の力だけで高齢者を介護することは困難となっています。
そこで、現在では介護サービスを利用して高齢者の面倒をみてもらう家庭が増えています。

介護業界には異業種からの参入が増えています。
また、これまでにはない新しいサービスを実施したり、特定のサービスに特化したりと、それぞれの会社が工夫をしています。
これからも介護業界は活発化することでしょう。

介護の仕事として、訪問介護や居宅介護支援、通所介護などがあります。
他にも、訪問入浴介護や特定施設入居者生活介護などもあり、介護業界のサービスは非常に細分化しています。

介護業界の仕事について

介護サービスの種類によって、どのような仕事をしているのかその内容は異なっています。
それらをすべて把握している人はほとんどいないでしょう。
介護業界に興味があったとしても、具体的にどのような仕事があり、自分は何をやりたいのか明確に決めている人も少ないです。

たとえば、訪問介護の場合は要介護者のいる自宅まで訪問して、さまざまなサービスを実施します。
入浴や食事、排泄といった介護や、他にも調理や洗濯などの家事や、介護に関する相談や助言などの仕事もあります。
日常生活におけるさまざまな世話をすることになり、家族からは感謝されます。

介護業界の仕事は確かに3Kとしての要素が存在しているのは事実です。
しかし、まともな労働環境を用意している会社もたくさんあり、この業界で仕事をしている多くの人たちはやりがいを持って仕事に打ち込んでいます。

当サイトでは、介護業界のそれぞれの仕事について、どんな内容であるのか、待遇はどうなっているのか、やりがいはあるのかといった点を説明します。
それらの記事を読むことによって、介護業界に対するイメージを一新させて、今までよりも介護業界に対する理解が深まれば幸いです。

>>訪問介護
訪問介護とは。

>>居宅介護支援
居宅介護支援についての解説。

>>通所介護
通所介護について説明します。

>>訪問入浴介護
訪問入浴介護とは何をするのか。

>>特定施設入居者生活介護
特定施設入居者生活介護の実態について。