難病患者等ホームヘルパーについて

難病に関する専門的な知識を身に着けホームヘルパーの仕事をするための資格

難病患者等ホームヘルパーとは、主に難病患者さんのケアをするためのスキルを持っているということを証明する資格です。
難病としてはベーチェット病やクローン病、パーキンソン病など様々な病気があり、治療が困難で症状が重度のものがあります。
しかも、一口に難病と言っても、それぞれ全く原因や症状、病気の程度も異なりますので、同じようなケアでは対応できません。

そこで、ホームヘルパーの業務をする際に、難病についてのそれぞれの知識を身に着け、患者さんごとに適切なケアができるようにするのがこの仕事です。
難病患者さんのケアでは、慎重な判断が求められることもありますので、しっかりとした病気に対する知識を持つことが非常に重要で、お互いに安心してサービスを提供できるようにするものとなります。

養成講座を修了するだけで得られる資格

難病患者等ホームヘルパーは1級から3級に分かれていて、入門コースからより範囲の広い対応ができるようになるクラスまでとなっています。
どの級においても養成講座が設けられていて、その講座を修了することによって資格が得られます。
養成講座はどれも一日で終了し、だいたい5時間から8時間程度となっています。

資格としてはかなり難度の低いものですので、ホームヘルパーとしてスキルを広げたいと思っている人は、気軽に受けることができます。
それぞれの自治体で定期的に養成講座を開催していますので、最寄りの場所を探して資格を取るようにしましょう。
短時間で取れる資格ですので、現在仕事をしていてスキルアップのためになかなか時間が取れないという人にもピッタリの資格と言えます。

介護業務の幅が広がって安心して働ける

ホームヘルパーの仕事は高齢者や障害者のケアがメインとなりますが、中には難病を抱える患者さんもいます。
そのようなケースでより適切に、また自信をもってケアができるようになりますので、難病患者等ホームヘルパーを取る意味は大きいと言えるでしょう。
また、介護職は全国にたくさん募集がありますが、条件の良いものは競争が厳しくなる傾向が見られますので、こうした資格を取って他の人に差を付け仕事を得られやすくするというメリットもあります。

なによりも、この難病患者等ホームヘルパーを取ることによって、より難病そのもの、そして難病患者さんへの理解を深めることができます。
一層要介護者のために自分を役立てることができるため、大きなやりがいを持てるというのも、この資格を取ることの大きなメリットと言えるでしょう。
簡単に取れる資格ですので、気軽に資格取得を考えてみましょう。

認定介護福祉士とは

より高度な介護士の資格である認定介護福祉士

介護の現場で用いられる資格はいろいろありますが、基本となるのは介護士という資格です。
これは国家資格で介護の基本的な知識や技術を持っていることを証明する資格となります。

一方でこの認定介護福祉士は、民間資格となっていますが、介護福祉士の上級資格として一般的に扱われます。
原則として、この資格がないとできない業務というものはないですし、通常の介護士と行う業務そのものには変わりはありません。
しかし、より管理的な立場、もしくは教育的な上位者として働けるようになりますので、介護業界では重要な資格として位置づけられています。

認定介護福祉士を取るためには?

認定介護福祉士は、介護福祉士の上級資格となっていますので、まずはこの介護福祉士の資格を取る必要があります。
その上で、実際の介護現場で実務経験を5年以上積んでいるということが条件となります。
また、認定介護福祉士のための養成講座を600時間以上受けていることも、第二の条件として求められます。

これらの二つの条件を満たした段階で、審査機構に申請を出して認証を受けることによって資格が得られます。
資格を得るためには、ある程度長い期間にわたる実務経験と養成が必要となりますので、長期的な観点で資格取得を目指すようにしましょう。

認定介護福祉士を取ることのメリットと活躍の場

認定介護福祉士の資格は、介護現場において介護福祉士としての経験を長年にわたって十分に積み、今度は管理的な立場として働けるようになることを証しするものです。
そのため、介護の現場で働くことに加えて、後進の介護士を育成するという仕事を行えるようになります。
研修プログラムを作成したり、実際に細かな研修を実地で行ったりして、実践的な能力を持つ介護士を育てていくことになりますので、とてもやりがいがある仕事となります。

また、管理的な業務をするというのも、認定介護福祉士にとって大事な役割です。
施設全体の介護プログラムの計画を練ったり、改善点を見つけて具体的にどのようにしていったらいいのかなどを考えていきます。
施設長などの管理者と相談して、より全体的な面での仕事ができるようになります。

このように、認定介護福祉士はより活躍の場を広げるのにうってつけの資格ですので、転職にかなり有利に働きます。
また資格手当が付くなど、待遇面での向上にもつながりますのでメリットは大きいと言えるでしょう。
キャリアアップを介護業界の中でする上で非常に重要な資格となりますので、すでに介護福祉士の資格を持っているのであれば、次の段階としてこの認定介護福祉士を取ることを目標にするのも良いでしょう。

レクリエーション介護士の魅力

介護の現場で求められるレクリエーションについてのスキルを高める

世界でもトップクラスの超高齢化社会となっている日本では、介護職の増員と質の向上というのは緊急の課題となっています。
また、介護職は全国どこでも仕事が多く、転職や就職がしやすいという面もあります。
そのため、介護における様々なスキルを向上させ、より有用な人材として成長していくことは、仕事を安定させるためにとても重要なことです。

その点で注目されているのが、レクリエーション介護士という資格です。
介護士という資格は、介護の基礎となる資格で、専門的な知識と介護技術を身に着けて適切かつ安全に要介護者をケアすることができるスキルを証明するものです。
一方でレクリエーション介護士という資格は、介護施設で行われるレクリエーションという分野に的を絞って、要介護者が楽しめてリハビリなどに役立つレクリエーションを考案し実施することができるという、限定されたスキルについての資格となります。

修了試験があるが難度が高くないので取りやすい資格

レクリエーション介護士は、一般的に通信講座などで講座を受けて取ります。
講座終了時には修了試験がありますが、しっかりと講座で勉強をしていれば問題なく取れるレベルの問題となっていますので、さほど苦労することなく資格をもらえるでしょう。
介護関係の資格の中でも難度が緩やかですので、介護を初めて間もない人でも挑戦できますし、これから介護業界で頑張ろうと思っている人が取ることもできます。

資格を取ることによって、転職や就職を有利にできるというメリットがあります。
介護業界はたくさんのスキル保持者がいますので、他の人との差を付けるという意味でも良い資格で、キャリアアップを狙う一つの段階としてこのレクリエーション介護士に挑戦してみるのも良いでしょう。

また、現場にも役立てることができる資格でもあります。
レクリエーションは介護の現場では必須とも言える活動ですので、レクリエーションのバリエーションを増やすと共に、より安全に楽しくするための方法を資格取得のための準備を通して学ぶことができます。

楽しみながら資格を取りたい

レクリエーション介護士は、難度が低いということもあり、比較的簡単に取れる資格です。
また、要介護者のことを考えながらどんなレクリエーションが楽しく、リハビリに役立つのかと考えていくことができます。

資格取得のための対策、準備も楽しく行えるはずですので、難しく考えずに楽しみながら準備を進めるようにしていきたいものです。
また資格を取った後は、いろいろなシーンでこの勉強が役に立つということを実感できるはずですので、後悔することはありません。

社会福祉士

社会福祉士とは

社会福祉士とは、社会福祉業務に携わる場合に必要となる国家資格です。

医療においても多くの資格が存在しますが、社会福祉士のように国家資格として昔から有名な資格も存在します。
というのも、社会福祉士は他の医療関連の資格とは違い、唯一無二の一面があるからです。
例えば、社会福祉業務に携わる場合は専門的な知識、技術を有していなければなりません。
そのため、能力が認められている人でなければ、社会福祉士の資格試験に合格しないのです。

このような資格は医療以外では多いのですが、医療関連ではそれほど多くありません。
というのも、適切な研修を受けており、それほど出題範囲が広くないテストで合格すると、試験に合格したという扱いになるケースが多いからです。
そのため、社会福祉士のみ他の医療関連の資格と比較して、合格者数が少ない資格としても有名になりました。
合格率は約26.2%となっておりますので、他の医療関連の資格と比較すると、どれほど難易度が高い資格であるのかが良くわかります。
他の医療関連の資格では、平均すると約70.0%前後で合格される人が多いため、社会福祉士の資格を有している人はそれほど多くありません。

近年では医療の関心が高まっているため、将来を見据えて社会福祉士といった資格の取得を目指している人の数も多くなりました。
ですが、それでも昔に比べて資格の合格率が改善されたわけではありません。
なによりテストだけでなく、実技の面で問題があると合格しないため、他の資格と比較して難題の多い資格となっているところが厄介です。

社会福祉士の詳細

社会福祉士の詳細ですが、社会福祉士の資格は有資格者であれば就職において困ることが少ないとされています。

その理由ですが、勤務先が他の医療関連の資格と比較して多いからです。
一般的な医療関連の資格では、病院、老人ホーム、もしくはデイケアサービスなどを行っている業者に就職となりますので、限られた勤務先しか見つからない場合が多いです。
ですが、社会福祉士の場合は特別養護老人ホーム、医療施設、在宅介護支援センター、身体障害者福祉施設、児童福祉施設、生活保護施設・・・といった施設で働けるので、一般的な病院から障害専門の施設まで幅広く選べるのです。
ただ、このような良い一面が知られている一方で、社会福祉士の給与はそれほど高くないことも知られています。

一般的な医療関連の仕事では、平均年収が約400万円ほどとなっておりますが、社会福祉士の場合は約380万円ほどです。
そのため、このような一面も理解して社会福祉士の資格を諦める人もいます。
ただ、国家資格であるのは事実なので、仕事先を増やしたいという場合には有用な資格でしょう。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは

最近になって、有名になってきた資格に福祉用具専門相談員というものがあります。

福祉用具専門相談員とは、主に高齢者を対象として福祉機器の使い方、もしくは選び方をアドバイスするアドバイザーのことです。
福祉機器の中には、使用して良い場所、使用しないほうが良い場所があるなど、利用者の希望に合った福祉用具を提供するため、福祉用具専門相談員のアドバイスが必要となるケースも増えてきました。
過去に販売されていた福祉機器であれば、業者の方から色々と説明を受けられるようになっていたのですが、近年では福祉用具専門相談員を常駐化させることにより、専門的に福祉用具専門相談員が対応するようになったのです。
なぜ、過去は業者の方で対応していたのか?というと、それは福祉機器そのものがシンプルであったためです。

取り付けそのものをアドバイスするだけで問題なく、且つ高齢者からの依頼が少なかったため、アドバイスにも手間がかからないというケースが多くありました。
しかし、今では肉体だけでなく心身ともに障害を負っている人も多く、且つ高齢者の数も軒並み増えている状況なのです。
福祉用具専門相談員がアドバイスする福祉機器の中には、レンタル期間が定まっているものもありますので、そのようなレンタル期間を正確に案内する上でも、福祉用具専門相談員の存在は重要とされています。

また、福祉用具専門相談員は在籍に関する義務もありますので、福祉機器の販売、提供においては1名以上の相談員が必要という背景もあり、今では福祉用具専門相談員を必ず常駐させている業者も増えてきました。

福祉用具専門相談員は特殊?

福祉用具専門相談員ですが、資格試験のようなものを受けて資格を取得するというものではありません。

正確には、研修の修了者であれば福祉用具専門相談員になれるのです。
なので、特殊ではありますが福祉用具専門相談員になるための条件は、次のように定められています。
まず、福祉用具専門相談員は福祉用具供給事業従事者研修会を、50時間分で修了させておく必要があります。
こちらは社団法人で対応しておりますので、基本的に研修会で受ける内容が研修会によって変化するという問題もありません。
また、このような対応を終えた後は、福祉用具をレンタルしている会社、もしくは福祉施設で福祉用具専門相談員の常駐を検討している(募集している)施設を探さないといけないのです。

このような面で複雑、特殊と言われることも多いのが福祉用具専門相談員の特徴です。
しかし、今では専門的に相談員を雇用している業者では、シルバーマークといったマークを導入していますので、探す際はこちらを頼りにするだけでも問題ありません。

理学療法士

理学療法士とは

理学療法士とは、障害者の中でも病気、事故などにより障害者となった方の社会復帰のために、運動機能の回復を目指してリハビリテーションを担当する人のことです。

リハビリテーションというと、医師、看護師の一部が対応しているというイメージがあります。
ですが、そのようなイメージは今では過去のものとなっているので注意してください。
というのも、リハビリテーションに関する施設では、有資格者以外は専門的に治療、リハビリテーションで必要となる運動の指示、もしくは補助を行えないようになっているからです。
テレビドラマなどで医師、看護師などが補助を行っているシーンが流れることもありますが、こちらはあくまでも経過観察として簡単な診断を行っているだけです。

なので、リハビリテーション全体の流れを決めるのは、理学療法士といった一部の有資格者だけと理解しておいたほうが良いでしょう。
理学療法士の素晴らしいところは、リハビリテーションで必要となる知識を有していることです。
そのため、肉体の障害を持っている人に対して、どのようなスケジュールを組めば良いのかも理解しています。
もしくは、資格取得までにそのような知識、技術を得ているので、安定したリハビリテーションを行えるようになるのです。

近年では、高齢者となり身体が弱まってしまったため、肉体の障害を負っている人も増えています。
つまり、理学療法士は高齢化社会を支えていく上で必要な人物として、現代では認識が強まっている状況なのです。
他にも、デイケアサービスなどでも理学療法士が必要となるケースもありますし、仕事に関しても拘束時間が短いので、若い理学療法士でも長く仕事に就けるということで人気が高まっています。

あらゆる医療の現場で必要となる理学療法士

あらゆる医療の現場で需要が高まっている理学療法士ですが、資格試験の合格率もそれほど高くありません。

理学療法士は約75.0%となっており、新卒の場合は約82.0%の合格率という状況です。
一般的な資格試験の合格率は約60.0%前後とされていますので、資格試験の合格率は平均より高いという良い一面があります。
また、理学療法士は試験の出題範囲も広くありません。
なので、今まで理学療法士を目指して勉強されてきた人であれば、特に出題範囲には問題もなく対処できるでしょう。

理学療法士の勤務先ですが、リハビリテーション専門病院だけではありません。
他にも、専門学校で指導を行う人物として勤務することも可能ですし、マッサージ師に近い立場で、デイケアサービスを行う人物として勤務することも可能です。
理学療法士の平均年収は約410万円前後となっております。
そのため、医療の資格の中では給与も安定しているという評価が多いです。

作業療法士

作業療法士とは

作業療法士とは、障害者を対象とした医療を行っていく上で、医師の指示を受けて日常生活のために福祉用具を用いたり、様々な訓練を行う専門家のことです。

簡単にまとめてしまうと、リハビリテーションに関する仕事のリハビリ部分を担当する仕事です。
リハビリテーションというと、すべて1人の人物が計画、実行をしているものと思われていますが、実際は数人でチームとなり計画、実行という対応をとっているのです。
個人であっても、リハビリテーションできるケースは多くあります。
ですが、人によっては肉体の問題ではなく精神の問題を患っている人もいますので、今では数人体制でリハビリテーションを行うケースが多いのです。

例えば、肉体の障害を負っている人が、長い治療期間を経て精神ストレスを溜め込むこともあります。
そのようなトラブルを減らす場合、精神科の医師、もしくはリハビリテーションを専門とするものが、適切な判断により対応を行う仕組みになっているのです。
なので、すべての仕事、責任を作業療法士のみで負うわけではありません。
近年では、全年齢に対してリハビリテーションを行っているケースと、老人といった高齢者のみ専門的にリハビリテーションを行っているケースがあります。

前者であれば、どこの病院でも受けられるリハビリテーションなのですが、後者の場合は作業療法士などが不足している病院、もしくはノウハウが少ない病院では対処できません。
つまり、作業療法士が在籍していて適切な治療を受けられるということは、リハビリテーションを受けたいものにとっては重要な問題となるのです。
なので、あらかじめどのような作業療法士が在籍しているのか、サイト上で公表している病院も今では多くなりました。

あらゆる面で人気の作業療法士

作業療法士はあらゆる面で人気の資格でもあります。

例えば合格率においては、医療の資格の中でもトップに近い合格率を誇っています。
というのも、作業療法士の合格率は約90.0%だからです。
看護師も同じように人気の資格となっていますが、合格率は作業療法士とほぼ同じなので人気が高いのです。
近年では、このような資格を有しているだけでも多くの仕事に就けますし、なによりも専門的な仕事を任せてもらえるので人気が高まっています。

作業療法士は平均年収が約405万円と高くはありませんが、それでも病院、リハビリテーションに関する施設、もしくは障害者の更生施設で勤務できるので、他では体験できないような仕事も行えるということで人気です。
近年では、マシンを導入しているリハビリテーションも増えているので、作業療法士は、ITとの付き合いも多くなっている仕事となっています。

言語聴覚士

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、言語や聴覚に関するリハビリテーションを行う際に必要となる資格です。

過去においては、医師などが言語聴覚士の代わりになるような形で、独自のリハビリテーションを行っていました。
ですが、医師の数が不足している病院、もしくはリハビリテーションのノウハウが少ない病院では、それほど大きな成果が上がらなかったので、今では言語聴覚士の評価が上がっている状況です。

言語聴覚士は、リハビリテーションセンターで勤務されている人が多いのですが、他に言語機能などを学ばれている人物でもあります。
なので、言語に関する問題を抱えている人物を早期発見してくれるという面でも、医師とは違った仕事をこなせるということで評価されているのです。
主に言語聴覚士は病院、もしくは福祉施設で勤務しています。
このような施設では、リハビリテーションだけでなくメンタルケアが行なわれることもあります。
人によっては、精神になにかしらの問題、ストレスを抱えているため、日常的な会話に支障が出ている人もいるからです。

このような場合でも、言語聴覚士は精神科の医師などと相談し、どのようなリハビリテーションを行っていくのか計画します。
医師との大きな違いは、完全にリハビリテーションを終えるまではつきっきりになるところでしょう。
そのため、年間に受けもつ患者の数が少ないという面では、他の資格、職業と別物の仕事であると評価されることもあります。

言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士の資格試験合格率ですが、約68.0%とされています。

資格試験の中では、ちょうど中間にあたる難易度のため、今では将来のために言語聴覚士の勉強を行っている人も増えています。
言語聴覚士の仕事内容は、主に病院、福祉施設内で行なわれるため、仕事場が変動しにくいという面でも人気です。
また、現代では多くの需要が見込まれるようになっているので、言語聴覚士だけで行われる診断も存在します。
病院で診断を行う場合、どのようなトラブルが元になって障害者になったのか、もしくは現在の生活においてどのようなトラブルが生じているのか・・・を確認します。

責任重大な仕事が多いので、言語聴覚士の仕事は責任感のある人を募集していることも多いです。
ただ、勤務時間は仕事内容とは違い固定になっているケースが多いです。
基本的に行なわないといけない仕事のほとんどは、相談・検査・診断の3種とされています。
その後、リハビリテーションで必要となるスケジュール作成を行い、さらに医師と相談を行う形で担当医になる方などを選別するようになります。
このように多くの医師と関わるという面が、言語聴覚士ならではの特徴かも知れません。

看護師

看護師の資格と強み

看護師とは、医師の指示を受けて診療の補助を行う人のことです。
また、専門的な知識を有している人として、患者さんに接することの多い資格としても知られています。
人によっては、寝たきりのため動くのが困難という人もいますので、適切な判断により対処しなければいけない場面も多いでしょう。
ですが、このような仕事の困難さが目立つ資格でもあるのですが、今でも看護師の資格を取得されている人の数は減っていません。

というのも、看護師は再就職にも強いからです。
結婚や出産、身内の介護などを理由に一旦看護師としての勤務を辞めたとしても、ブランクがある看護師でも採用したい、勤務時間などに制限がある看護師でも採用したいというところも多くあります。
また、看護師の平均年収は男女ともに約480万円前後とされていますので、就職だけでなく、給与面にも満足されている人が多くいます。

資格そのものも専門学校や大学を通じて学べるようになっていますし、なによりも病院、介護老人保健施設といった、求人件数が多いことで知られている施設で勤務できるため、就職に強いとして人気を高めています。

看護師の仕事内容

すでに案内しておりますが、看護師の仕事内容はチームとして勤務するものが多いです。

午前中はベッドに用いられているシーツの交換、薬品の点検などを行いますので、ドタバタとした環境の中で仕事をするケースが多いでしょう。
ですが、他の仕事と比較すると看護師の場合は仕事内容が大幅に変更となるケースが稀です。
そのため、今では看護師のシフト制も安定するようになったと言われています。

また、このような面に魅力を感じている人も多いため、今でも看護師の資格試験を受けている人は数多く存在します。
特殊な職業に就くわけなので、資格試験そのものが難しいと思われがちですが、実際は合格率が約90.0%ほどなので合格率が低いわけではありません。
他の資格と比較しても、前提となる知識・技術などを獲得できる教育機関が多いという特徴もありますので、他の資格と比較しても安定して取れる資格という評価も多いです。

最近では、看護師による訪問看護も増えてきました。
訪問看護とは、実際に自宅を訪問する形で医療を進めていくという新しいかたちの医療です。
昔では、ごく一部の人たちが利用されていたサービスです。
費用がかかり過ぎる、すぐに自宅まで医師、看護師が来てくれない・・・ということで、人気はマチマチだった時代もありました。
ですが、今ではインターネットを使用することで、自宅と病院をテレビカメラでつなぐことが可能です。

これにより医師から適切なアドバイス、必要とあれば看護師を派遣するような対応まで可能となり、今では多くの人が訪問看護を知ることとなりました。

介護福祉士

介護福祉士とは

介護の資格で今でも人気の高い資格に、介護福祉士という資格が存在します。

介護に関する資格は他にも存在しますが、介護福祉士は唯一の国家資格として有名なため、今でも人気が高い資格として多くの人が資格試験を受けているのです。
また、介護福祉士が介護において必要となる場面は、主に介護を行う現場で仕事する場合です。
そのため、介護福祉士として勤務する場合は障害者、もしくは高齢者の世話をすることが多いと理解しておきましょう。

近年では、自宅で介護を必要としている人のために、ホームヘルパーとして働いている介護福祉士も増えています。
ホームヘルパーというのは、施設に常駐して介護をするのではなく、スタッフが実際に自宅を訪問する形で介護対象者を介護するのです。
人によっては寝たきりのためひとりでは体を動かすことすら難しいという人もいます。
このような利用者の場合には、身体を起こす、入浴の手伝いをする、おむつを交換するといった行為が必要になります。
なので、介護福祉士の仕事は他の仕事とは違い、体力が必要となる場合が多いのです。

そのため、福祉で働く人は女性だけでなく男性も多くなりました。

介護福祉士に関する情報

介護福祉士は人気の国家資格としても有名なのですが、それには理由があります。

介護福祉士の合格率は約58.0%とされていますので、年々でそれほど資格取得が難しくなくなっているのです。
また、介護福祉士の良いところは勤務先が非常に多いことです。
資格保有者となると、在宅サービス事業所、老人ホームといった施設で勤務できるようになります。
さらに、デイサービスセンターといった専門的な介護サービスを行っている業者でも働けるので、自分の都合、理想に合わせて勤務先を選べるケースが多いのです。

介護福祉士の平均年収は約320万円です。
賞与込みでこのような平均年収となっているのですが、勤務先によっては勤務時間がキッチリとシフトのため固定になっているので、近年では再就職を意識して主婦が介護福祉士の資格を取得するケースも増えています。
また、介護福祉士の資格取得ですが、受講資格として実務者研修を450時間受けておく必要があります。
このような研修は、介護福祉士を目指している人であれば、派遣を行いながらでも可能となっています。

というのも、業者のほうで手配してくれることがあるため、完全な未経験者であっても450時間の研修後に、介護福祉士の資格試験を受けられるからです。
また、450時間というと長期の研修になると思われがちですが、資格の中には500時間以上で実務者研修を受けなければいけないものもあります。
なので、それほど他の資格と比較して受講資格が厳しいわけではありません。