社会福祉士

社会福祉士とは

社会福祉士とは、社会福祉業務に携わる場合に必要となる国家資格です。

医療においても多くの資格が存在しますが、社会福祉士のように国家資格として昔から有名な資格も存在します。
というのも、社会福祉士は他の医療関連の資格とは違い、唯一無二の一面があるからです。
例えば、社会福祉業務に携わる場合は専門的な知識、技術を有していなければなりません。
そのため、能力が認められている人でなければ、社会福祉士の資格試験に合格しないのです。

このような資格は医療以外では多いのですが、医療関連ではそれほど多くありません。
というのも、適切な研修を受けており、それほど出題範囲が広くないテストで合格すると、試験に合格したという扱いになるケースが多いからです。
そのため、社会福祉士のみ他の医療関連の資格と比較して、合格者数が少ない資格としても有名になりました。
合格率は約26.2%となっておりますので、他の医療関連の資格と比較すると、どれほど難易度が高い資格であるのかが良くわかります。
他の医療関連の資格では、平均すると約70.0%前後で合格される人が多いため、社会福祉士の資格を有している人はそれほど多くありません。

近年では医療の関心が高まっているため、将来を見据えて社会福祉士といった資格の取得を目指している人の数も多くなりました。
ですが、それでも昔に比べて資格の合格率が改善されたわけではありません。
なによりテストだけでなく、実技の面で問題があると合格しないため、他の資格と比較して難題の多い資格となっているところが厄介です。

社会福祉士の詳細

社会福祉士の詳細ですが、社会福祉士の資格は有資格者であれば就職において困ることが少ないとされています。

その理由ですが、勤務先が他の医療関連の資格と比較して多いからです。
一般的な医療関連の資格では、病院、老人ホーム、もしくはデイケアサービスなどを行っている業者に就職となりますので、限られた勤務先しか見つからない場合が多いです。
ですが、社会福祉士の場合は特別養護老人ホーム、医療施設、在宅介護支援センター、身体障害者福祉施設、児童福祉施設、生活保護施設・・・といった施設で働けるので、一般的な病院から障害専門の施設まで幅広く選べるのです。
ただ、このような良い一面が知られている一方で、社会福祉士の給与はそれほど高くないことも知られています。

一般的な医療関連の仕事では、平均年収が約400万円ほどとなっておりますが、社会福祉士の場合は約380万円ほどです。
そのため、このような一面も理解して社会福祉士の資格を諦める人もいます。
ただ、国家資格であるのは事実なので、仕事先を増やしたいという場合には有用な資格でしょう。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは

最近になって、有名になってきた資格に福祉用具専門相談員というものがあります。

福祉用具専門相談員とは、主に高齢者を対象として福祉機器の使い方、もしくは選び方をアドバイスするアドバイザーのことです。
福祉機器の中には、使用して良い場所、使用しないほうが良い場所があるなど、利用者の希望に合った福祉用具を提供するため、福祉用具専門相談員のアドバイスが必要となるケースも増えてきました。
過去に販売されていた福祉機器であれば、業者の方から色々と説明を受けられるようになっていたのですが、近年では福祉用具専門相談員を常駐化させることにより、専門的に福祉用具専門相談員が対応するようになったのです。
なぜ、過去は業者の方で対応していたのか?というと、それは福祉機器そのものがシンプルであったためです。

取り付けそのものをアドバイスするだけで問題なく、且つ高齢者からの依頼が少なかったため、アドバイスにも手間がかからないというケースが多くありました。
しかし、今では肉体だけでなく心身ともに障害を負っている人も多く、且つ高齢者の数も軒並み増えている状況なのです。
福祉用具専門相談員がアドバイスする福祉機器の中には、レンタル期間が定まっているものもありますので、そのようなレンタル期間を正確に案内する上でも、福祉用具専門相談員の存在は重要とされています。

また、福祉用具専門相談員は在籍に関する義務もありますので、福祉機器の販売、提供においては1名以上の相談員が必要という背景もあり、今では福祉用具専門相談員を必ず常駐させている業者も増えてきました。

福祉用具専門相談員は特殊?

福祉用具専門相談員ですが、資格試験のようなものを受けて資格を取得するというものではありません。

正確には、研修の修了者であれば福祉用具専門相談員になれるのです。
なので、特殊ではありますが福祉用具専門相談員になるための条件は、次のように定められています。
まず、福祉用具専門相談員は福祉用具供給事業従事者研修会を、50時間分で修了させておく必要があります。
こちらは社団法人で対応しておりますので、基本的に研修会で受ける内容が研修会によって変化するという問題もありません。
また、このような対応を終えた後は、福祉用具をレンタルしている会社、もしくは福祉施設で福祉用具専門相談員の常駐を検討している(募集している)施設を探さないといけないのです。

このような面で複雑、特殊と言われることも多いのが福祉用具専門相談員の特徴です。
しかし、今では専門的に相談員を雇用している業者では、シルバーマークといったマークを導入していますので、探す際はこちらを頼りにするだけでも問題ありません。

理学療法士

理学療法士とは

理学療法士とは、障害者の中でも病気、事故などにより障害者となった方の社会復帰のために、運動機能の回復を目指してリハビリテーションを担当する人のことです。

リハビリテーションというと、医師、看護師の一部が対応しているというイメージがあります。
ですが、そのようなイメージは今では過去のものとなっているので注意してください。
というのも、リハビリテーションに関する施設では、有資格者以外は専門的に治療、リハビリテーションで必要となる運動の指示、もしくは補助を行えないようになっているからです。
テレビドラマなどで医師、看護師などが補助を行っているシーンが流れることもありますが、こちらはあくまでも経過観察として簡単な診断を行っているだけです。

なので、リハビリテーション全体の流れを決めるのは、理学療法士といった一部の有資格者だけと理解しておいたほうが良いでしょう。
理学療法士の素晴らしいところは、リハビリテーションで必要となる知識を有していることです。
そのため、肉体の障害を持っている人に対して、どのようなスケジュールを組めば良いのかも理解しています。
もしくは、資格取得までにそのような知識、技術を得ているので、安定したリハビリテーションを行えるようになるのです。

近年では、高齢者となり身体が弱まってしまったため、肉体の障害を負っている人も増えています。
つまり、理学療法士は高齢化社会を支えていく上で必要な人物として、現代では認識が強まっている状況なのです。
他にも、デイケアサービスなどでも理学療法士が必要となるケースもありますし、仕事に関しても拘束時間が短いので、若い理学療法士でも長く仕事に就けるということで人気が高まっています。

あらゆる医療の現場で必要となる理学療法士

あらゆる医療の現場で需要が高まっている理学療法士ですが、資格試験の合格率もそれほど高くありません。

理学療法士は約75.0%となっており、新卒の場合は約82.0%の合格率という状況です。
一般的な資格試験の合格率は約60.0%前後とされていますので、資格試験の合格率は平均より高いという良い一面があります。
また、理学療法士は試験の出題範囲も広くありません。
なので、今まで理学療法士を目指して勉強されてきた人であれば、特に出題範囲には問題もなく対処できるでしょう。

理学療法士の勤務先ですが、リハビリテーション専門病院だけではありません。
他にも、専門学校で指導を行う人物として勤務することも可能ですし、マッサージ師に近い立場で、デイケアサービスを行う人物として勤務することも可能です。
理学療法士の平均年収は約410万円前後となっております。
そのため、医療の資格の中では給与も安定しているという評価が多いです。

作業療法士

作業療法士とは

作業療法士とは、障害者を対象とした医療を行っていく上で、医師の指示を受けて日常生活のために福祉用具を用いたり、様々な訓練を行う専門家のことです。

簡単にまとめてしまうと、リハビリテーションに関する仕事のリハビリ部分を担当する仕事です。
リハビリテーションというと、すべて1人の人物が計画、実行をしているものと思われていますが、実際は数人でチームとなり計画、実行という対応をとっているのです。
個人であっても、リハビリテーションできるケースは多くあります。
ですが、人によっては肉体の問題ではなく精神の問題を患っている人もいますので、今では数人体制でリハビリテーションを行うケースが多いのです。

例えば、肉体の障害を負っている人が、長い治療期間を経て精神ストレスを溜め込むこともあります。
そのようなトラブルを減らす場合、精神科の医師、もしくはリハビリテーションを専門とするものが、適切な判断により対応を行う仕組みになっているのです。
なので、すべての仕事、責任を作業療法士のみで負うわけではありません。
近年では、全年齢に対してリハビリテーションを行っているケースと、老人といった高齢者のみ専門的にリハビリテーションを行っているケースがあります。

前者であれば、どこの病院でも受けられるリハビリテーションなのですが、後者の場合は作業療法士などが不足している病院、もしくはノウハウが少ない病院では対処できません。
つまり、作業療法士が在籍していて適切な治療を受けられるということは、リハビリテーションを受けたいものにとっては重要な問題となるのです。
なので、あらかじめどのような作業療法士が在籍しているのか、サイト上で公表している病院も今では多くなりました。

あらゆる面で人気の作業療法士

作業療法士はあらゆる面で人気の資格でもあります。

例えば合格率においては、医療の資格の中でもトップに近い合格率を誇っています。
というのも、作業療法士の合格率は約90.0%だからです。
看護師も同じように人気の資格となっていますが、合格率は作業療法士とほぼ同じなので人気が高いのです。
近年では、このような資格を有しているだけでも多くの仕事に就けますし、なによりも専門的な仕事を任せてもらえるので人気が高まっています。

作業療法士は平均年収が約405万円と高くはありませんが、それでも病院、リハビリテーションに関する施設、もしくは障害者の更生施設で勤務できるので、他では体験できないような仕事も行えるということで人気です。
近年では、マシンを導入しているリハビリテーションも増えているので、作業療法士は、ITとの付き合いも多くなっている仕事となっています。

言語聴覚士

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、言語や聴覚に関するリハビリテーションを行う際に必要となる資格です。

過去においては、医師などが言語聴覚士の代わりになるような形で、独自のリハビリテーションを行っていました。
ですが、医師の数が不足している病院、もしくはリハビリテーションのノウハウが少ない病院では、それほど大きな成果が上がらなかったので、今では言語聴覚士の評価が上がっている状況です。

言語聴覚士は、リハビリテーションセンターで勤務されている人が多いのですが、他に言語機能などを学ばれている人物でもあります。
なので、言語に関する問題を抱えている人物を早期発見してくれるという面でも、医師とは違った仕事をこなせるということで評価されているのです。
主に言語聴覚士は病院、もしくは福祉施設で勤務しています。
このような施設では、リハビリテーションだけでなくメンタルケアが行なわれることもあります。
人によっては、精神になにかしらの問題、ストレスを抱えているため、日常的な会話に支障が出ている人もいるからです。

このような場合でも、言語聴覚士は精神科の医師などと相談し、どのようなリハビリテーションを行っていくのか計画します。
医師との大きな違いは、完全にリハビリテーションを終えるまではつきっきりになるところでしょう。
そのため、年間に受けもつ患者の数が少ないという面では、他の資格、職業と別物の仕事であると評価されることもあります。

言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士の資格試験合格率ですが、約68.0%とされています。

資格試験の中では、ちょうど中間にあたる難易度のため、今では将来のために言語聴覚士の勉強を行っている人も増えています。
言語聴覚士の仕事内容は、主に病院、福祉施設内で行なわれるため、仕事場が変動しにくいという面でも人気です。
また、現代では多くの需要が見込まれるようになっているので、言語聴覚士だけで行われる診断も存在します。
病院で診断を行う場合、どのようなトラブルが元になって障害者になったのか、もしくは現在の生活においてどのようなトラブルが生じているのか・・・を確認します。

責任重大な仕事が多いので、言語聴覚士の仕事は責任感のある人を募集していることも多いです。
ただ、勤務時間は仕事内容とは違い固定になっているケースが多いです。
基本的に行なわないといけない仕事のほとんどは、相談・検査・診断の3種とされています。
その後、リハビリテーションで必要となるスケジュール作成を行い、さらに医師と相談を行う形で担当医になる方などを選別するようになります。
このように多くの医師と関わるという面が、言語聴覚士ならではの特徴かも知れません。

看護師

看護師の資格と強み

看護師とは、医師の指示を受けて診療の補助を行う人のことです。
また、専門的な知識を有している人として、患者さんに接することの多い資格としても知られています。
人によっては、寝たきりのため動くのが困難という人もいますので、適切な判断により対処しなければいけない場面も多いでしょう。
ですが、このような仕事の困難さが目立つ資格でもあるのですが、今でも看護師の資格を取得されている人の数は減っていません。

というのも、看護師は再就職にも強いからです。
結婚や出産、身内の介護などを理由に一旦看護師としての勤務を辞めたとしても、ブランクがある看護師でも採用したい、勤務時間などに制限がある看護師でも採用したいというところも多くあります。
また、看護師の平均年収は男女ともに約480万円前後とされていますので、就職だけでなく、給与面にも満足されている人が多くいます。

資格そのものも専門学校や大学を通じて学べるようになっていますし、なによりも病院、介護老人保健施設といった、求人件数が多いことで知られている施設で勤務できるため、就職に強いとして人気を高めています。

看護師の仕事内容

すでに案内しておりますが、看護師の仕事内容はチームとして勤務するものが多いです。

午前中はベッドに用いられているシーツの交換、薬品の点検などを行いますので、ドタバタとした環境の中で仕事をするケースが多いでしょう。
ですが、他の仕事と比較すると看護師の場合は仕事内容が大幅に変更となるケースが稀です。
そのため、今では看護師のシフト制も安定するようになったと言われています。

また、このような面に魅力を感じている人も多いため、今でも看護師の資格試験を受けている人は数多く存在します。
特殊な職業に就くわけなので、資格試験そのものが難しいと思われがちですが、実際は合格率が約90.0%ほどなので合格率が低いわけではありません。
他の資格と比較しても、前提となる知識・技術などを獲得できる教育機関が多いという特徴もありますので、他の資格と比較しても安定して取れる資格という評価も多いです。

最近では、看護師による訪問看護も増えてきました。
訪問看護とは、実際に自宅を訪問する形で医療を進めていくという新しいかたちの医療です。
昔では、ごく一部の人たちが利用されていたサービスです。
費用がかかり過ぎる、すぐに自宅まで医師、看護師が来てくれない・・・ということで、人気はマチマチだった時代もありました。
ですが、今ではインターネットを使用することで、自宅と病院をテレビカメラでつなぐことが可能です。

これにより医師から適切なアドバイス、必要とあれば看護師を派遣するような対応まで可能となり、今では多くの人が訪問看護を知ることとなりました。

介護福祉士

介護福祉士とは

介護の資格で今でも人気の高い資格に、介護福祉士という資格が存在します。

介護に関する資格は他にも存在しますが、介護福祉士は唯一の国家資格として有名なため、今でも人気が高い資格として多くの人が資格試験を受けているのです。
また、介護福祉士が介護において必要となる場面は、主に介護を行う現場で仕事する場合です。
そのため、介護福祉士として勤務する場合は障害者、もしくは高齢者の世話をすることが多いと理解しておきましょう。

近年では、自宅で介護を必要としている人のために、ホームヘルパーとして働いている介護福祉士も増えています。
ホームヘルパーというのは、施設に常駐して介護をするのではなく、スタッフが実際に自宅を訪問する形で介護対象者を介護するのです。
人によっては寝たきりのためひとりでは体を動かすことすら難しいという人もいます。
このような利用者の場合には、身体を起こす、入浴の手伝いをする、おむつを交換するといった行為が必要になります。
なので、介護福祉士の仕事は他の仕事とは違い、体力が必要となる場合が多いのです。

そのため、福祉で働く人は女性だけでなく男性も多くなりました。

介護福祉士に関する情報

介護福祉士は人気の国家資格としても有名なのですが、それには理由があります。

介護福祉士の合格率は約58.0%とされていますので、年々でそれほど資格取得が難しくなくなっているのです。
また、介護福祉士の良いところは勤務先が非常に多いことです。
資格保有者となると、在宅サービス事業所、老人ホームといった施設で勤務できるようになります。
さらに、デイサービスセンターといった専門的な介護サービスを行っている業者でも働けるので、自分の都合、理想に合わせて勤務先を選べるケースが多いのです。

介護福祉士の平均年収は約320万円です。
賞与込みでこのような平均年収となっているのですが、勤務先によっては勤務時間がキッチリとシフトのため固定になっているので、近年では再就職を意識して主婦が介護福祉士の資格を取得するケースも増えています。
また、介護福祉士の資格取得ですが、受講資格として実務者研修を450時間受けておく必要があります。
このような研修は、介護福祉士を目指している人であれば、派遣を行いながらでも可能となっています。

というのも、業者のほうで手配してくれることがあるため、完全な未経験者であっても450時間の研修後に、介護福祉士の資格試験を受けられるからです。
また、450時間というと長期の研修になると思われがちですが、資格の中には500時間以上で実務者研修を受けなければいけないものもあります。
なので、それほど他の資格と比較して受講資格が厳しいわけではありません。

ケアマネージャー

ケアマネージャーの可能性

ケアマネージャーとは、要介護者などの相談に応じる人のことです。
実際には相談のみに対応しているのではなく、適切な判断により指示などを出すという仕事にも対応しています。
ケアマネージャーの資格は、資格試験の合格によって得られるのですが、近年では合格率が約16.0%となっておりますので、合格率が高い資格ではありません。

また、ケアマネージャーの就職先ですが、ケアマネージャーは多様な仕事に就けるという魅力があります。
例えば、老人保健施設、介護保険施設などで勤務できることが多いです。
このような施設をはじめ、継続して勤務し経験を積むことで、主任ケアマネージャーという更にステップアップした資格を取得でき、介護施設以外の職場や教育に携わるなど、仕事の選択肢も多くなります。

そして、ケアマネージャーの平均年収は一般介護職と比べると高い傾向にあります。
現在知られている範囲では約370万円という平均年収が目立っておりますので、介護の仕事をするにあたり収入面を考える場合には取得しておくべき資格のひとつと言えます。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事内容ですが、主に要介護者と家族の連絡、相談などの橋渡し役となる仕事を行います。
なので、時代によってケアマネージャーのすべき仕事は変わってくるのです。

近年では、在宅介護サービスというものが知られるようになりました。
こちらは、それほど重い障害を負っていない人であれば受けられるので、人気の介護サービスとして有名です。
ですが、人気が高すぎるため在宅介護サービスを始める業者も増えてきました。
つまり、今では数が多すぎるため・・・どの業者を利用すれば良いのか迷うような状況なのです。
このような場合も、ケアマネージャーは相談に乗ってあげることができます。

ケアマネージャーの仕事内容を大まかにまとめると、相談相手の精神的ストレスをやわらげる仕事というのが妥当でしょう。
近年では、それほど多くの費用を介護施設に使えないという人も増えてきました。
ケアマネージャーは、相談だけでなく施設そのものの案内も行っていますので、最近では、施設そのものを代わって選んでくれる人物としても有名になっているのです。
個々が求めているもの、また不安といった問題点を洗い流し、そしてニーズにあった施設を選ぶわけなので、責任重大な仕事を任せられることもあるでしょう。

ただし、ケアマネージャーの需要は年々で高まっていますので、今では年収増が見込めている勤務先も増えています。
近年では、男性だけでなく女性のケアマネージャーを多く採用している業者も増えてきました。
理由としては、年収増につながるということで、意欲的に長期間に渡って働いてくれる女性が増えているからです。
そのため、ケアマネージャーの中にもキャリアを多く積んでいる人物も多く、ケアマネージャーもベテランと未経験者で分類されるようになりました。

実務者研修

実務者研修とは

実務者研修とは、スキルアップのために行なわれている研修のことです。

また、どのような職業にも実務者研修が存在するというわけではありません。
大きく分けて以下のような種類に分類されているので、どのような職業、勤務先でも実務者研修に対応していると思わないほうが無難です。

実務者研修を受けられるケースその1ですが、スキルアップのためにステップアップが必要な職業であると認められると発生する、というケースが存在します。
例えば、介護福祉士の実務者研修が今では有名になっています。
というのも、介護福祉士を未経験で目指している人の数が多いことが、今では良く知られているからです。
しかし、スキルアップのためにステップアップをしないと、このような資格、職業を得たりこなしたりすることは不可能です。
そのため、実務者研修というものが存在するのです。

介護福祉士の資格を得るために実務者研修を受けた場合、どれほどの期間でステップアップが完了するのか明確に理解できます。
つまり、学校の学科と同じで一定の実務者研修を終えた後は、経験者としての評価が成される仕組みになっているのです。
個人として学習するより確実に資格を得られるため、多くの業者で実務者研修を設けるようになりました。
仕事とセットで実務者研修が付いてくることも珍しくないので、今では定番と言われている実務者研修が、このようなステップアップ方式の実務者研修です。

実務者研修を受けられるケースその2ですが、自分で実務者研修に申込むというケースもあります。
先ほどのケースとは違い、業者のほうでパンフレットなどを配布しているのみで、半強制的に参加させられるわけではありません。
また、このような実務者研修は会社から資格取得後に、資格取得にかかった費用の一部が会社側で支払われるようになっています。
なので、ステップアップ方式ではありませんが、素早く資格取得できるようであれば無駄な出費もなく、実務者研修により資格を得ることができるのです。

ほとんどの企業で対応していますので、基本的にどの企業に就職した場合も利用可能な実務者研修として知られています。

実務者研修の資格概要

実務者研修の資格概要ですが、実務者研修は介護職員初任者研修からのステップアップとして用意されています。

過去では、ホームヘルパー2級から1級へとステップアップしていくものが、今では介護職員初任者研修、実務者研修というふうにステップアップしていくのです。
昔は、独自で介護について学習している人が多かったのですが、今では実務者研修を利用することで介護福祉士を目指せるようになっています。
また、実務者研修の資格取得にかかる日数ですが、無資格の方が研修に参加した場合は修了まで6ヶ月程度かかるとされています。