システムエンジニアって新3K?

システムを設計して管理するシステムエンジニア

会社の業務システムを運用するためにも、何らかの店舗の売り上げを効率化させるためにも、個々のニーズに合わせたシステムというのは欠かせません。
そのため、ある程度大きな経営規模を持つ企業は、自前のシステムを構築して、それを使って業務を行っています。
そのシステムを設計し作り上げていくのが、システムエンジニアの仕事となります。

システムエンジニアは、クライアントと話し合いどんな機能が必要とされているかを見極め、設計を行い、プログラムの中身を決めていきます。
そして、できあがった設計をプログラマーに依頼して、実際の構築作業を行い、それを管理していきます。
システムができあがったらテストを行い確かに機能するかを確かめて、クライアントに納品します。

このように、システムエンジニアは一つのシステムを設計し、作業を監督するという、管理的な役割を果たします。
プログラマーが実際のプログラム作成を行うのに対して、プロジェクト全体をまとめる上級職として活躍するのが、このシステムエンジニアとも言えます。

システムエンジニアの厳しさ

システムエンジニアは、管理的な働きをしますので、いわゆるIT土方のような単調な仕事を延々とするということはありません。
しかし、クライアントとの交渉やチームのプログラマーをまとめるなど、多くの人とのかかわりがあり、上手にまとめていかないといけないので、ストレスが多い仕事でもあります。
また、多くの場合納期が厳しく設定されていますので、いかに納期に間に合わせるように終わらせるかを考え、仕事を進めていくかというのも苦労する理由となります。

万が一テストの際に不具合が出たり、完成したシステムをクライアントが気に入ってくれない時などは、システムエンジニアに責任がかかりますので、緊張感を強いられる仕事でもあります。
責任が多くやりがいが多い分、求められることも多い仕事だと言えるでしょう。

システムエンジニアの魅力とは?

こうした厳しさもありますが、やはり自分のセンスと高い技術を用いて、思い通りのシステムを作り上げられるというのは非常にやりがいのあることです。
レベルの高いシステムを作ることができた時は、大きな達成感を味わえます。

システムの構築と一口に言っても、規模やその複雑さなどでかなり違いがありますので、システムエンジニアとしてスキルアップを行い、より大きくて難しいプロジェクトに携われるように頑張っていくというのも、システムエンジニアならではの楽しみでしょう。
スキルを高めることでキャリアアップがしやすい職種ですので、将来性があるというのも魅力的な点と言えます。

IT土方って?失敗しない転職方法

ひたすら打ち込み作業をするIT土方のつらさ

IT関連の仕事と言うとクリエイティブな感じがするかもしれませんが、現場にはいろいろなタイプの仕事があり、IT土方と称される仕事もあります。
建設業でいう土方は体力的にきつい仕事を黙々と続けていくことが多いですが、IT土方も同じように、同じような業務を淡々とし続けるという特徴があります。

具体的にはプログラミングの仕事が多く、それぞれに割り当てられたプログラミング言語の打ち込みをひたすら行っていくというものです。
自分でプログラムを考えてするのではなく、プログラマーが作った内容を打ち込んでいくだけで、データ入力の仕事とほとんど変わらない感覚で仕事をすることになります。
特に頭を使わなくても良いという面もありますが、飽きやすいですし目や肩が長時間のパソコン作業のせいで疲れてしまうというデメリットもあります。

納期が迫っていると相当のストレスとなるIT土方

こうしたプログラミングの仕事では、特に納期が迫っている時の業務は相当きついものがあります。
何も考えずにひたすら打ち込んでいく作業を延々と続け、徹夜続きということも珍しくありません。
プログラミングを請け負う企業は、納期に追われて仕事をしているケースが多いので、どうしてもIT土方と呼ばれる仕事がメインとなっていると、その負の環境から抜け出せないこともあります。

プログラミングの実務経験を積んで自分でシステムの設計やプログラムをしたいと思っても、あまりのオーバーワークのために、勉強することもスキルアップすることもできず、その状態を続けざるを得なくなってしまうのです。
せっかくIT関連の仕事をしているのに、肝心のスキルを身に着けられないことがあるというのが、この業界の課題と言えるでしょう。
単価が安く競争が激しいということが、納期に負われる受注体制になってしまい、IT土方を生み出してしまうと考えられます。

業務内容をしっかりと把握した上で転職先を決める

こうしたIT土方の状態から脱却するためには、自分のスキルを伸ばすことができて、やりがいを感じられる仕事を得られる会社に転職するのが一番です。
そのためには、焦って転職先を決めるのではなく、じっくりといろいろな会社の情報を集めることが肝心です。
給料などの表面的な待遇だけに目を留めることなく、どんな仕事を請け負っていて、どんな業務をメインとしているかを把握するようにしましょう。

また、できるだけ実際のオフィスを見せてもらって、どんな環境で働いているかを見ることも大事です。
使われているマシンやスタッフの数、オフィスの規模などを見ることによって、どんな会社かを理解できるようになります。