特殊清掃

特殊清掃とは

特殊清掃とは普通の清掃業者が扱わないような清掃作業を行います。
最近は一人暮らしのお年寄りが孤独死や自殺をするケースが増えているのですが、この場合は部屋がとても汚れてしまいます。
変死体があった時に、その部屋を元通りの状態に戻すための仕事をするのが特殊清掃なのです。

特殊清掃は専門的な技術や知識を用いて清掃作業を進めていきます。
変死体のあった場所を清掃したり、害虫を駆除したり、お祓いや供養といったサービスも行います。
室内に残されている物の解体作業も行い、トータルのサービスを提供するのが特殊清掃です。

c2

たとえば、血液を処理したり、汚染された部分を処理するのはとても大変なことです。
死体のあった部分には死臭が残ってしまうため、それを除去する必要もあります。
これらは特殊なノウハウが必要なだけではなくて、多くの人は嫌がってやりたがらない仕事です。

特殊清掃は人のやらない仕事をするため、とても需要があります。
特に日本はこれから高齢社会がどんどん進行していくため、特殊清掃の需要はより高まっていくでしょう。

特殊清掃には臭気判定士や葬祭ディレクター、防除作業監督者といったさまざまな専門家が関わります。
したがって、専門性を求められる仕事であり、誰でも簡単にできることではありません。
特殊清掃士という資格も存在しており、スペシャリストとしての能力を求められます。

特殊清掃の仕事の流れとしては、まず独居老人の死が発見されると警察に連絡。
そして、警察の調査によって事件性がないと判断されたら、そこで特殊清掃の業者に連絡が行きます。
業者は現場へ向かい、契約を交わした後に速やかに仕事を始めます。

特殊清掃の仕事について

特殊清掃は人がやりたがらない仕事であり、実際に働いてみても最初は戸惑うことが多いでしょう。
ただし、それに見合った報酬を受け取ることができるため、やる気を持って働いている人がたくさんいます。
月に40万円前後の給料を稼いでいる人が多く、高収入を目指すことも可能です。

特殊清掃はキツイと感じる場面が多い仕事なのですが、大きなやりがいを持って仕事に取り組むことができます。
仕事が終わった後には遺族から感謝されることが多く、ありがとうという言葉を聞くことによってとても嬉しい気持ちになる人が多いです。
他の人にはできない自分にしかやれない仕事に関わることができるため、自信を持つことができるでしょう。

特殊清掃はそもそもその存在を知らない人がたくさんいます。
そのため、人手不足が続いている仕事であり、興味のある人はすぐに採用してもらえるでしょう。
さまざまなことを勉強する必要があり、実際に現場で仕事をしていきながら学ぶことも多いです。

特殊清掃はこれからも必要とされる仕事です。
他では経験できない内容の仕事に関われます。