ビルクリーニング

ビルクリーニングの仕事内容

c8 (1)

ビルクリーニングとは、ビル内の衛生環境を快適な状態に保つための仕事をします。
多くの人が利用する建築物では、毎日汚れが蓄積していきます。
それらを放置しておくと、建物内の環境がどんどん悪化していき、そこで生活している人が不快な気持ちになるだけではなく、病気や感染症などのリスクも高まってしまいます。

汚れが溜まってしまうと、それによって害虫やネズミなどが発生してしまうこともあります。
そのため、定期的にきちんと建物内を清掃することは重要なことです。
ビルクリーニングの業務を行っている会社は、さまざまな事業者から依頼されて、清掃活動を行います。

それぞれの場所や汚れなどに合わせて、清掃法や洗剤、清掃用具などを選択して、効果的な清掃作業を実施します。
玄関や廊下、階段やトイレ、エレベーターやエスカレーターなど作業場所はたくさんあり、駐車場や外壁といった部分の清掃も含まれています。

大理石や硬質床、塩化ビニルなど建材には色々な種類があり、それぞれに適した清掃方法を選択しなければいけません。
清掃作業によって、建物が傷つかないように配慮する必要があります。
汚れには、手垢や水、土砂、ホコリ、尿石など色々なものがあり、それらを完全に取り除くことが求められています。

清掃法としては、乾拭きや水拭き、洗剤武器、仕上げ拭きなどがあります。
用具には各種洗剤やワックス、ダストモップ、ポリッシャーといったものがあり、最適なものを使用します。
清掃作業以外にも、抗菌剤や防錆剤のコーティングを行っている業者もあります。

清掃回数としては日常清掃の他に定期清掃や特別清掃があります。
それぞれの業者によって、特徴的なサービスを提供しているところもあり、多くの需要がある仕事です。

ビルクリニックの待遇や資格などについて

一般的なビル清掃員の平均年収は男性が280万円前後で女性は190万円前後とされています。
ただし、ビルクリーニングにはビルクリーニング技能士という資格があります。
資格取得者の場合はより高い年収を稼いでいる人もいます。

ビルクリーニングのサービスを提供している業者はたくさんあるため、中には好待遇で清掃員を雇っているところもあります。
3Kであるといわれていますが、他の仕事と同様に労働環境への配慮がされていて、そこまで辛い環境で働いているわけではありません。

ビルクリーニングの仕事をしたいのであれば、すぐに採用されることができるでしょう。
これからどのような社会になったとしても、ビルクリーニングの仕事に対する需要がなくなることはありません。
どんな時代でも建築物は存在して、建物内の清掃活動は必要なことだからです。

汚れている場所が自分の力でキレイになるのはとてもやりがいのあることです。
みんなから感謝されて、非常に大きな満足感を得ることができるでしょう。