建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者とは

今では、オフィスといったビルなどを管理する職業が多く存在します。

建築物環境衛生管理技術者とは、一定の広さを持つオフィスなどの管理において必要となる人物のことです。
また、オフィスなどのビル以外では、ショッピングセンターの管理において選任されることがあります。
どちらにしろ、今では多くの需要が見込めるようになったため、建築物環境衛生管理技術者の人気は上がっている状況なのです。

他の資格との大きな違いは、資格保有者として責任ある対応が望まれるところでしょう。
なので、建築物環境衛生管理技術者として選任された後は、専任されることが多い・・・ということを忘れないようにしてください。
建築物環境衛生管理技術者はスペシャリストとして選任されますので、仕事に対しての責任感も必要となる仕事なのです。

また、近年ではオフィスビル、ショッピングセンターでも大型化が進んでいます。
そのため、昔に比べて建築物環境衛生管理技術者の資格保有者は、仕事などの数が増えているという面でも高い評価を得ています。
他の資格と違い、似通った資格・仕事が少ないので、自分の責任で好きな仕事に就けるという面も、建築物環境衛生管理技術者の魅力かも知れません。
建築物環境衛生管理技術者は、仕事において衛生管理を学んでいる必要もありますので、資格保有者となった後も、衛生管理について独自で学んでいく必要があります。

建築物環境衛生管理技術者の取得は難しい?

建築物環境衛生管理技術者の取得についてですが、今も昔もそれなりの人数しか取得していません。

なので、建築物環境衛生管理技術者の取得は難しいと言われることが多いです。
ですが、実際は出題範囲が広く、且つ1年間に1度しか試験を受けられないので難しいだけです。
実際に建築物環境衛生管理技術者の勉強が行える塾(セミナー)なども増えていますし、そのような塾を受けることによって、資格試験の合格率が高まってきているのも確かです。

しかし、出題範囲が広いので注意してください。
中には、自分の力のみで建築物環境衛生管理技術者を取ろうとする人もいますが、そのような対応はあまり望ましくありません。
というのも、塾を利用した場合と比較すると半数しか合格されていないからです。
そのような問題もありますので、本気で建築物環境衛生管理技術者の取得を目指している場合は、塾を利用することが肝要と言えます。

また、試験の合格率は極端に低いわけではありません。
若い人が試験を受けるケースも増えているため、昔に比べて試験の合格率が不安定になっているだけです。
年齢別で見ると、それほど試験の合格率は変化していない状況です。