ビルクリーニング技能士

ビルクリーニング技能士のニーズと仕事内容

最近では、清掃業などが見直されるようになり、作業などに対して専門的な人が選任されているかチェックされることも増えています。

というのも、昔のように小じんまりとしたオフィスビル、ショッピングセンターの数が減っているからです。
複合的な機能を備えている大型施設も増えていますので、昔に比べて効率的な清掃を求められるようになりました。
そこで重要視されるようになった資格こそ、ビルクリーニング技能士という資格です。
ビルクリーニング技能士の資格保有者になると、清掃作業監督者の資格を得ることができます。

近年では、監督として勤務されたい方がビルクリーニング技能士取得を目指すことも増えているのですが、それには以下のような理由もあり増えているとされています。

まず、無資格者より有資格者のほうが、清掃業においても採用されやすいことが知られるようになりました。
元々、清掃業というのはアルバイト、パートが行うものとして知られていたため、今までは無資格者が清掃を行っていたのです。
ですが、これでは効率が悪いということで、清掃業そのものが見直されるようになりました。

ビルクリーニング技能士が配属されている場合、実際に発生するクリーニング費用についても先に見積もりとして提出されます。
つまり、具体的な清掃に関するアドバイスを受けられるので、ビルクリーニング技能士が1人以上は現場にいたほうが良い、という声がオフィスビルなどで増えているのです。
また、監督として勤務する場合も清掃の仕事は行います。
クリーニングを始める前に、事前に計画を立てるという対応、もしくはオフィスビルの管理人と相談する仕事があるため、ビルクリーニング技能士は他の人よりも多くの仕事をこなさなければなりません。

ですが、ビルクリーニング技能士として評価され、且つ多くの仕事を任せてもらえる・・・ということで、男女ともにビルクリーニング技能士取得を目指している人は年々増えている状況です。

ビルクリーニング技能士で年収アップ

ビルクリーニング技能士のメリットですが、近年では年収アップもささやかれるようになりました。

そもそも、ビルクリーニングに関するお仕事というのは、男女ともに固定であるケースが多いです。
男性の平均年収は280万円前後とされており、女性の場合は200万円前後というケースが多いです。
ですが、これは無資格者としてビルクリーニングの仕事に就く場合です。
そのため、ビルクリーニング技能士の資格保有者であれば、資格手当が発生する分だけ収入増となります。
女性の場合、目に見えて年収アップにつながることが多いため、ビルクリーニング技能士の取得を目指している人の多くは、今では男性より女性が多いという状況になりました。お