通所介護

通所介護とは

通所介護は要介護者が施設に通い、介護を受けたり、生活上の相談や助言を受けられるサービスのことです。
老人デイサービス事業を行っている施設や老人デイサービスセンターなどがあります。
日常生活を送るための世話を受けるだけではなく、機能訓練を受けることも可能です。

養護老人ホームや老人福祉センター、特別養護老人ホームといった施設もあります。
市町村が認めた基準該当通所介護事業者あるいは都道府県知事の指定を得た指定通所介護事業者がサービスを提供します。

通所介護の特徴として、家族介護の負担を軽減できるだけではなく、自宅に引きこもりがちな要介護者を他社と交流させるというメリットがあります。
本人の意向を重視して、安心して介護サービスを受けられるように計画を立てます。
休日を利用したり、時間延長を考慮するなど、家族の負担を軽減することも重視します。

通所介護を利用する人には色々な人が含まれています。
寝たきりで自立した生活を送れない人や認知症の方などがいて、それぞれの状況にあったサービスを提供します。
他の介護サービスとの連携を図りながら、利用者が快適な暮らしを送れるような計画を提案します。

通所介護を利用することで、利用者は社会的な孤立感を解消できます。
心身機能を維持して、向上を図ることが可能であり、家族の心身の負担を軽減するため、介護利用者とその家族が幸せになるためのサービスです。
通所リハビリと似ている部分が多いのですが、より生活を支援することに重点を置いています。

内容は、それぞれの利用者の状態に合わせて個別に計画されます。
生活上の介護を受けるだけではなくて、日常生活訓練を行うことが可能なため、自立した生活を送れるようにサポートします。

wheelchair-952183_640

通所介護の仕事について

通所介護はデイサービスと呼ばれることもあります。
午前の10時ごろから午後4時ごろまでがサービスを提供する時間であり、在宅で生活をしている高齢者がその時間帯に施設にやって来て、さまざまなサービスを受けます。
一般的に介護の仕事でイメージされるのと近い仕事内容となっています。

デイサービスの場合は要介護度の低い方を中心としているため、介護の仕事に初挑戦する方に向いている職場です。
特に資格が必要となるわけではありませんが、資格取得者の方が就職には有利となります。
常勤だけではなく非常勤で働いている人の数が多いのが特徴です。

3Kと呼ばれるほどきつい仕事ではなく、利用者に感謝されながら充実した働き方ができるでしょう。
自分が介護をした高齢者が笑顔で幸せそうな顔をしているのを見る時は大きなやりがいを感じられます。
多くの高齢者とコミュニケーションを取ることができるため、デイサービスの仕事でしか味わえない楽しさがあります。