地域密着型サービス事業者

人材不足の対策

地域密着型サービスとは、2006年の4月に誕生した新しいサービスです。
市区町村ごとに事業者が決められているため、より地域に根付いた業務を行っています。
介護施設や労働者の慢性的な不足から、改めて注目を集める事業と言えるでしょう。

hands-981400_640

地域密着型サービスは市区町村にとって、介護サービスを整備しやすくなるといったメリットが発生します。
また提供するサービス費の軽減や、地域密着型サービスの運営基準なども決める事ができるため、人材や施設の飽和などの心配もありません。
利用者と経営者、市区町村それぞれのメリットを持ったサービスと言えるでしょう。

居宅介護と訪問介護

居宅介護では小規模多機能型居宅介護というのがあります。
名前の通り、自宅にいながら介護を受けつつ、自立して生活できるように推進するものです。
通いや宿泊、訪問といった形を、利用者の希望に合わせて行います。
普段の生活から変化無く、今まで通り自分のペースで活動が行えるため、利用者にとってのメリットも大きいと言えるでしょう。

夜間対応型では夜間対応型訪問介護というのがあります。
利用者が1日を通して負担なく生活できるような介護を行うものです。
主に夕方から朝にかけて定期的な巡回を行うほか、ベッドから起きれないなど緊急時に合わせて対応するものなどがあります。
安否確認はもちろん、排泄や食事といったサポートを行うため、一人暮らしの利用者に需要が高いと言えるでしょう。

グループホーム

グループホームは別名「認知証対応型共同生活介護」と呼ばれるものです。
認知症を患っている人々が、レクや訓練などを行い、共同生活を送る場所となります。
グループホームでは、それぞれに関する専門スタッフが働いているのが特徴です。

グループホームでは主に軽度な認知症患者が利用しています。
そのため、働くスタッフは訓練や日常的な会話などを行い、コミュニケーションを密接に行う必要があるとされています。
話をするという事は痴呆の進行を食い止める方法とされているため、高齢者との会話が好きな人などに向いているお仕事と言えるでしょう。

認知症対応型デイサービス

認知症対応型デイサービスは別名「認知証対応型通所介護」と呼ばれるものです。
グループホームとは異なり、自宅からデイサービスを受けながら日常生活を送れるように介護を行います。
通常のデイサービスとは異なり、利用者一人一人に対して密接な関係を築く職業とも言えます。

認知症対応型デイサービスは、食事や排泄、入浴といった介護を行うほか、精神的な機能回復にも役立っています。
高齢者本人だけではなく、家族への負担を減らしながら、全体的なサポートを行っているのが特徴です。