電気工事業

line-825360_640

電気工事業とは

電気工事業とは、送電線や配電盤、電力機器、電灯といった設備の工事に携わる仕事のことです。
日本には電気工事士法という法律があり、電気工事士の資格がないと工事に従事できません。
電気はさまざまな建築物や建設物に関わるものであり、色々な場所で仕事をすることになります。

送電設備や配電設備、電気利用設備などの設置を行う仕事があります。
また、電気に関わる設備の修繕も行います。
送電線架設工事や配電工事、更生工事など色々な内容があります。

電気工事業は専門性が要求される仕事であり、最新の知識や技術、長年のノウハウなどが必要とされます。
この分野では常に新しい技術が生まれているため、ずっと勉強し続けなければいけません。
資格がとても重要となっているため、まずは資格取得を目指しましょう。

種類としては、第一種と第二種の二つがあります。
他にも、認定電気工事従事者や特種電気工事資格者、特種電気工事資格者といったものもあります。

資格を取得するためには、試験に合格するだけではなくて、さまざまな要件を満たす必要があります。
特に第一種電気工事士の場合は実務経験が要求されるため、すぐに取得できる資格ではありません。
第二種については、試験に合格すればすぐに取得できます。

電気工事士の試験には学科試験と技能試験があります。
無資格で電気工事を行うのは違法行為であり、懲役や罰則などがあります。

電気工事の仕事

電気工事の仕事は常に需要のある分野であり、仕事がなくて困ることはないでしょう。
会社に雇われている人と独立している人がいます。
どのような環境で仕事をしているかによって、給料や待遇などは大きく異なります。

日本にはたくさんの電気工事士が存在しているため、より多くの仕事をこなしたいならば、ライバルたちとの競争に勝ち抜く必要があります。
ただ与えられた仕事をこなすだけではなくて、自分で独立を目指したり、経営に携わることも考慮しなければいけません。

仕事では他業種の人と上手くコミュニケーションを取ることが大切です。
工期が決められているため、期日までにきちんと仕事を終わらせる必要があります。
仕事をひと通り覚えることができれば、効率よく仕事をこなせるようになるでしょう。

人手不足であり、興味のある方は資格を取得して、きちんと勉強をすればすぐに働き始められます。
仕事をたくさんこなして実績を作ることによって、責任のある仕事を任せられるようになるでしょう。
非常に幅広い仕事内容となっているため、いつまでも飽きずに新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。

大きな仕事を終わらせた後には心地よい達成感を得ることができます。
一生食いっぱぐれなく働き続けられる仕事です。